« ミルク神 | トップページ | 職人さんの仕事 »

2008年3月24日 (月)

桂 枝雀

春分の日に NHKBSハイビジョンで「昭和を笑わせた男たち」という番組をやっていた。

懐かしい芸人さんの中で、桂 枝雀に釘付けになってしまった。 上方落語にはあまり

なじみがなく、枝雀という人にもちょっとクドイ感じの咄家さんというふうにしか思って

いなかったので、ちょっとびっくりした。 演目は「上燗屋」という飲み屋の店主と酔客

のやりとりなのだが、ときどき絶妙のタイミングではさまれる「スビバセンね」という

フレーズにすっかりやられてしまった。 ひきつけられたり突き放されたりこちらの笑い

を自由自在に操られてしかもそれが、とてもここちよくて。

さっそくDVDを探したが、桂枝雀 落語大全は なんと40巻もあるのです。

でも70万部も売れたとか。 しかもまだ売れ続けているとか。

「上燗屋」の一部はYOU TUBEで見られます。

最初から脱線続きですが、明日からは刺繍の話しに戻ります。

« ミルク神 | トップページ | 職人さんの仕事 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

えらいな~、、、ヽ(^o^)丿
相変わらず、多趣味でいらして、
造詣がふかくていらっしゃる、、、!!!、

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂 枝雀:

« ミルク神 | トップページ | 職人さんの仕事 »

最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ