« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の投稿

2008年4月29日 (火)

アルマイトの鍋

Img_0197 なんだか昭和レトロで、 懐かしくないですか?

これアルマイトの鍋です。 大きい方はもう20年

以上ほとんど毎日使っています。 

鍋としてはもっと性能のいいステンレスの鍋とか

いろいろあるけど、この鍋は食材を茹でる時に

活躍します。 特に麺類、大量のお湯でゆがいたほうがおいしいですよね。

 この鍋は 鍋自体が軽いので目一杯お湯を張っても持ち上げられます。 

パスタを茹でるためにパスタロボというステンレスの二重なべを買って使ったり

しましたが、結局この鍋に戻りました。 見た目がイマイチなのと収納に場所を

とるのが難点ですが。

 さて 小さい方のアルマイト鍋は 韓国の広蔵市場で去年買って来ました。 

韓国刺繍の玉川先生に連れて行ってもらった 三角地というところの焼肉屋さんで

使われていて 是非買って帰りたいと思ったものです。

焼肉屋さんといってもいわゆる焼肉ではなく 薄くきった牛のばら肉を炭火で焼いて

大量の葱と唐辛子と酢醤油で食べるもので、さっぱりしていていくらでも食べ

られてしまうんです。 肉が終わるころにチゲを頼んだところでこの鍋の登場です。

鍋ごと炭火の上に乗せてくれるのであつあつがたべられます。 でもこんな鍋なら

日本でも買えると思うでしょ? でも持ち手のところを見てください。

 黒い断熱のプラスチックをつけてないでしょ。 ここがいいところなんです。 

これだと直火にも乗せられるしうっかり強火にかけても持ち手のプラスチックが

溶ける心配もないのです。 日本で買ったらきっと黒い持ち手が付いている上に

ぜったい値段も数倍すると思ったのです。 そこで市場で先生に値切りまでお願い

して、 ひとつ 三、四百円だったと思いますが(それでもだいぶ値上がりしたようで

先生がかったときは二百円台だったようです)五個も買いました。 日本に持ち帰って

お土産として配ってみんなにばかにされましたが、この鍋も我が家で大活躍です。

実はこの鍋を買ったのにはもうひとつ目的があって 韓国ドラマの中でよく鍋でラーメン

を作って そのまま食べるというシーンがよく出てくるのですが お行儀悪いのだけど

なんだか妙においしそうで一回やってみたかったんです。 この鍋でひとりラーメンすると

最高です。 韓国の辛ラーメン とか チキンラーメンとかそういうインスタントなラーメン

で 具はなくてもいいし せいぜい卵くらいでOKです。 一人でこっそり鍋から直接

食べてます。 ただし 持ち手に触ると熱いですsweat01  

日本に帰ってきて調べましたが、やっぱり値段は韓国の三倍以上で黒のプラスチック

が付いているものばかりでした。 買ってきてよかった。good

2008年4月27日 (日)

じーじのえてがみ

Img_0204  Grandfather's Letters 展 みてきました。

http://www.tamagawa-sc.com/latest/news_080423.html

玉川高島屋SC アレーナホールで5月6日までです。

今から百年程前 イギリスのヘンリー卿という人が

愛する 4人の孫たちに送った 1200通もの絵手紙

です。 25年前に ヘンリー卿の曾孫にあたるひとが、自分の母親(ヘンリー卿の孫)

の遺品の中から発見したそうです。 孫だけではなく幼い子供たちやすべての生き物

や自然にむける ヘンリー卿の愛情の深さに感動です。 NHKのみんなの歌が

この手紙を題材にした「じーじのえてがみ」という歌をつくったそうです。 私がいろいろ

言うより是非実物を見てください。 英国以外の国では初公開だそうです。

2008年4月22日 (火)

人参ケーキ

Img_0185  新にんじんが出ていますね。 今日は我が家

の定番 人参ケーキのご紹介です。

久しぶりに長女のリクエストで焼きました。

レシピは25年程まえの「きょうの料理」のものです。

このレシピを教えてくれた友人とも30年以上の

おつきあいです。 バターは使わず サラダオイルで作るのでしっとりと軽く仕上がります。

泡立てもしなくていいので、生焼けにさえしなければ誰でも失敗なく作れます。

 材料  15センチのケーキ型 2個分

   小麦粉・・・・・・・・・・・175g

       シナモン・・・・・・・・・・小さじ1

   じゅうそう・・・・・・・・・・小さじ1

   ベーキングパウダー・・・小さじ 1/2

      塩・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ 1/4

      人参・・・・・・・・・・・・・・・140g

      サラダオイル・・・・・・・・150cc

       卵・・・・・・・・・・・・・・・・2個

    砂糖・・・・・・・・・・・・・・140g

① 一番上の小麦粉から塩までを合わせて 2回ふるいにかける。

② 人参は皮をむいてすりおろす。

③ボールにサラダオイル 卵 砂糖 を入れて 約3分 泡だて器でなめらかになるまでよくまぜる。

④ ③のなかにすりおろした人参をいれて混ぜる。

⑤ さらに ①の粉ものを一度にいれて粉のつぶがなくなるまで混ぜ合わせる。しっかりまぜてしまってかまいません。

⑥ 型(私は市販の紙のケーキ型をつかいます。)に八分目ほど入れる。

⑦ あらかじめ160度にあたためておいたオーブンで25分~30分程焼いて、竹串をさして何も付いてこなければできあがり。

もう何回も焼いていますが、一度も失敗はありません。 シナモンと重曹の香りが

なつかしい素朴で飽きのこないケーキです。 是非 おためしください。

2008年4月21日 (月)

韓国刺繍と日本刺繍 技法編

Img_0069_2 これは はじめて 手がけた韓国刺繍です。

コルムという指貫のための 図案です。

指貫にはしないで 縫い見本として 額装する

ことにして 周りをポジャギの技法で囲んであります。

さて、韓国刺繍と日本刺繍の技法の違いは

ほとんどないと言っていいかとおもいます。基本的にはいっしょです。

これは自分で刺繍してみての実感と 韓国刺繍のビデオを2本見ての感想です。

韓国刺繍が実際どのように縫われているかについては 韓国文化院の

映像ライブラリーにビデオがありますのでその場で見ることができます。(貸し出し

は個人にはしてくれないです。)

もちろん 相違点はいくつかあるのですが、その中でも私が感じた、一番の違いは

韓国刺繍は長く糸を渡さないということです。 日本刺繍はヌキ(横糸) の方向に

長い時は20センチ以上も糸を渡す ぬき地引きという技法で広い面を埋めますが

韓国刺繍はほとんど長く糸を渡すということはしないようです。 ではどのようにして

広い面をうめるかというと 刺し縫い または チャリッスー という 畳の目のように

見える 日本刺繍にはない技法をつかいます。

チャリッスーについては 玉川 亜紀 先生 のホームページの韓国刺繍の技法

のページ http://myseoul.hp.infoseek.co.jp/shoulder/sishu.htm でみてください。

上の写真のコルムも上の段の四つはこの技法で刺してあります。

チャリッスーはたいへんよく使われる技法でほとんどこの技法だけでさしてあるものも

よくあります。 日本刺繍の台張りをする時は布目が曲がらないように気をつかい

ますが、 韓国刺繍は生地によっては 布目がほとんど見えない場合もあって

あまり気をつかわなくても問題ありません。 また 日本刺繍にはぬき地引きで

埋めた上に様々な模様をさらに刺繍するという上掛け模様という技法があって

それが特徴でもあり醍醐味でもあるのですが、韓国刺繍では 上掛け模様は

ほとんどないといってもいいです。  少しあることはあるのですが、フリーハンド

で刺せるようなシンプルな模様です。

さて いま現在日本で韓国刺繍を習うとすれば、ポジャギの先生にならうしか

ありません。 私の知る限りでは刺繍のみを教えてくださる先生はいないと思います。

どんな糸や生地 道具で実際 刺繍しているのかについては、 またあらためて

ご紹介したいとおもいます。

2008年4月17日 (木)

i Pod への道 Part Ⅱ

 幾多の困難を乗り越えて 私ついに i Pod nano のユーザー

になりました。 こんな素敵なおもちゃがあったなんてmusic

i Tunes というのもすごい なにしろ 無料だし、好きな曲が一曲から

買えるし。 今のところ 不満は イヤフォンです。 すぐに耳がいたく

なっちゃって 音質などにはこだわらないので痛くないのを探さなくちゃ。

そこで 今お気に入りの 曲を 紹介します。

  ~アン サリー~   蘇州夜曲  胸の振り子

アン サリー さんて お医者さんで 二児の母で 歌手なんですって

さぞかしハードな日々を送っているでしょうに この人の声にはそんな

ものが みじんも感じられないです。 聞いていると心の中から 悪いものが

溶けて流れ出していくみたい。 心のデトックスです。

  ~ ノラ ジョーンズ~  Do'nt Know Why    The Story

実はノラ ジョーンズ て名前しかしらなったんですが、この前

「王妃の紋章」を見たあとに 中国監督つながりで 「マイ ブルーベリーナイツ」

見たんです。 満漢全席の後の ブルーベリーパイはさすがにきつく

途中 10分間ほど意識不明sleepyになりましたが、この映画は大丈夫です。

なんといっても 主演のノラ ジョーンズ  かわいいんだけどそれだけじゃない

ほんとに魅力的な女の子でした。

2008年4月16日 (水)

プラナカン シック

 昨年の夏ころ 本屋さんで 思わず手に取った本

「マレー半島 美ししきプラナカンの世界」 表紙の写真

があまりにも美しくて 中の写真はもっとすばらしくて。

その本の著者のホームページが 「プラナカン シック」

http://peranakan.tuzikaze.com/ です。

 最近 プラナカンという言葉も浸透してきて 私の大好きな

テレビ番組~世界ふれあい街歩き~でも マラッカ編 とペナン編で

紹介されていました。 もともと中国からマレー半島に渡ってきた

人たちの子孫ですから、中国の文化を色濃く残してそこにマレー文化

とコロニアル文化が融合した華やかでエキゾチックな文化を

もっています。 建物が必見で、一見悪趣味なのですが、時間の経過に

洗われて何ともいえない雰囲気をかもしています。

 私がひかれたのはなんといっても ニョニャ(プラナカンのマダム)

たちの衣装~サロン クバヤ~と ビーズサンダルです。

このサンダルはキャンバスにパリから輸入した極小ビーズを

とめつけて模様を描くもので一見 プチポアンのようにみえます。

模様は洋風のものあれば、中国風のものもありほとんどは注文で

制作されたもののようです。 今でもこのサンダルは作られていますが

極小のビーズがもう作られていないのでアンティークのサンダルを

くずしてつかうしかないのだそうです。そのビーズの小ささはなんと

芥子粒のようです。 ビーズが細かければそれだけ緻密な模様が描ける

わけで、プチポアンのような表現が可能なわけです。

でも ビーズなんですから、その芥子粒の中にさらに穴があいていて

そこに糸が通らなくてはいけないわけで 考えただけで気が遠くなりそうです。

是非 ホームページでご覧ください。制作過程に興味のある方はYou tubeで

極短い テレビ番組が 投稿されていました。 お稽古として習う人もけっこう

いるようで、その中にはもちろん日本人女性も何人かいるようです。

ほんとに日本人女性は世界中どこいってもいるよね。 順応性が高いのかしら。

2008年4月13日 (日)

韓国刺繍と日本刺繍

Img_0182 この ぺンケースは前回ソウルに行ったとき

に買ってきました。 どうぞ大きな画像で見て

ください。 ていねいに作られていて好感が持て

ます。 細い辛よりの糸で刺し縫いされています。

 色合いは好き嫌いがあると思いますが、私はこういうはなやかな色は好きです。

値段は忘れてしまいましたが、普段に使ってもおしくないくらいの値段だったと

おもいます。 今ソウルの仁寺洞あたりで刺繍の小物を買うとしたら このくらいの

質のものまでなら、普通に手に入ります。 ただ韓国の方が刺繍しているかどうか

はわかりません。 北朝鮮やベトナムなどでさしているかも。 でもいいものであれば

どの国で作られていてもかまわないですよね。

さて 今日は私が感じた、韓国刺繍と日本刺繍の違いを少しお話ししたいと思います。

 日本刺繍というのは男性の職人さんを中心発達してきたものです、一方韓国刺繍

の担い手はほとんどが女性です。 また日本では主に服飾の装飾に用いられて

インテリアとしての刺繍はほとんどみられません。 ところが韓国や中国では 

室内装飾や鑑賞用の刺繍にいたるまで多様です。 また 日本のように友禅

のような模様を染める技術が発達しなかったことで、かえって単色どうしの

大胆な色の組み合わせの韓国的色彩感が生み出されたような気がします。

 韓国刺繍には二つの大きな流れがあって、1つは宮廷刺繍 もう1つは民繍です。

日本では家庭の中や女学校などで刺繍を習うということはあっても民繍と呼べるほどの

広がりはない反面、 職人仕事としての日本刺繍は高度に洗練されてきたと思います。

なんかこんなに短く語ってしまっていいのかな。 そんなにまちがってはいないと思うの

ですが。 私は学者ではないので、興味のある方は自分で勉強してね。

 技法的なことはまたまとめてお話します。

2008年4月12日 (土)

刺繍映画

 今日は韓国刺繍の続きのつもりでしたが、 久しぶりに映画館

で映画を見たのでちょっとそのお話しです。

私の中で勝手に 「刺繍映画」というジャンルをもうけています。

例えば 「クレールの刺繍」という映画などは刺繍映画と呼んでも

いいでしょう。 他には「下妻物語」も私的には刺繍映画ですし、

韓国映画の「スキャンダル」もそれに入ります。

さて 今日見た 映画は 「王妃の紋章」です。

やたらにお金のかかった映画で衣装がすべて総刺繍と聞いては

見ないわけにはいきません。 もともと 中華圏映画ファンという

過去もあるし。

一言でいうとこの映画のテーマは~物量~です。

金ぴか 極彩蛍光色のてんこもりで悪酔いしそうでした。

シノワズリーなどという言葉などぶっ飛んじゃって もはや

中国なのかいつの時代かもわからないほどです。

たいして節約家でもない私でも つい モッタイナイと

つぶやいていました。 チョウ ユンファも コン リーも

年を重ねて貫禄十分ですが、なにせ物量がsweat01

衣装は見えない部分にまでみっちり刺繍がしてあって

ただならぬ重さだったようです。 いったいいくらかかってるんだろう。

こんなもの作っちゃっていいんだろうか。

マータイさんに叱られても知らないから。

監督のチャン イーモウは北京オリンピックの開会式も

監督するそうですが、また~物量~なのか?

もう 初恋の来た道には戻れないんでしょうね。

ストーリーは有名な戯曲をもとにしているので

普通に作ってもいい映画になりそうだし、脇を

固めている役者さんもいいのに。(特に皇太子がheart04)

エンディングに ジェイ チョウの歌が流れた時は

なんかがくっときました。 ジェイ チョウ ファンに対する

サービスもあるんだろうけどこの悲惨なドラマには

似合わないでしょう。 とにかく 疲れましたpig

2008年4月10日 (木)

韓国刺繍

 韓国刺繍を習ってみたい そう思い始めたのは、いつごろだったのか

もう思い出せない。 でもその時には日本でポジャギを教えてくれる先生

はいても刺繍だけを教えてくれる方はみつからなかった。 韓国までは

通えないし 行ったとしても言葉もわからず コネもない。

何年かモンモンとしていたところ 韓流がやってきた。 そのおかげかどうかは

わからないけれど、先生をみつけることができた。ソウル在住の日本女性

玉川 亜紀 先生。 ポジャギの第一人者 金 賢姫 先生のお弟子さん。 

大阪で刺繍の講座を開いていらした。その時には、新幹線で通うつもりだったが

メールを交換するうちに 先生が新宿産経学園のポジャギ講座に加えて

刺繍の講座も開く運びになった。 日本刺繍をやっているのに なぜ韓国刺繍

をと聞かれることがある、確かに日本刺繍の技術があれば、韓国刺繍で困る

ことはなにもない。 でも 韓国刺繍に使われる モチーフ 思いがけない色合い

に惹かれてしまう。 そもそも どうして 韓国刺繍をはじめたいと思ったのかと

いうと「韓国の古刺繍」という本との出会いがあったからだ。

Img_0181 この本とは 日本民藝館のミュージアムショップ

で出会った。  しかしすでに絶版で非売品shock

でもアマゾンにあったscissors しかし値段がmoneybagsweat01

結局買った。  しばらく毎日ながめていた。

そこには 私の大好きな世界が新鮮な色使いで

ひろがっていた。 監修の 許 東華 さんは

韓国刺繍のコレクターとして有名な方で

ソウルで刺繍博物館を開いている。

昨年もそごう美術館でコレクションの展示と講演があって

来日なさった。 

こうしてわたしの 韓国刺繍の日々が始まった。    ~続く~   

玉川 亜紀 先生 ホームページ my soul seoul kannkoku  

http://myseoul.web.infoseek.co.jp/index.html

2008年4月 8日 (火)

うんすん遊び

  一昨日をもって 紅会 全国展 終了いたしました。 お天気にも恵まれたくさんのかたにご来場いただきました。 御礼申し上げます。

 さて私自身の今回の出展作をご紹介します。 写真にするといろいろとアラも見えて恥ずかしいのですが、見てやってください。 今回の全体のテーマは 「物語」でした。私の選んだ図案は「うんすん遊び」 うんすんカルタを散らした名古屋帯です。

うんすんカルタというのは、ご存知ないかたもいらっしゃると思いますが、ポルトガルから伝わった古いトランプのようなものです。 5種類×15枚の計75枚からなるカルタでトランプのハートやスペードにあたるスーツ(種類)は ハウ(剣) イス(棒) コツ(杯) オウル(貨幣) グル(巴) の5種類で それぞれに数字札1~9と スン(唐人) ウン(福の神) レイ(武人) カバ(騎馬武者) ソウタ(女性) ロバイ(龍) の6種類の絵札があります。

ここまでの説明でピンときた方もいらっしゃるでしょうが、あの「ウンともスンとも」というのはポルトガル語でおそらくこのカルタとともに広まった言葉でしょう。 ちなみに「ピンからキリまで」のピンもキリもポルトガル語だそうです。

今現在 熊本県人吉市に保存会があってここでのみ遊び方が伝わっています。平成16年からは大会も開催されているようです。行ってみたいなairplane さらに詳しいことを知りたい方は神保町にある 奥野カルタ店http://www.okunokaruta.com/まで。お店に行けば現物が見られます。その他このお店オリジナルのカルタもあってちょっと楽しいです。

Photo_12 これはお太鼓全体の柄で二枚だけカードの

地を白のより糸でうめて上掛け模様にしています。

生地は塩瀬で色はサンドベージュです。

Photo_13 イス(棒) の龍

Photo_14 オウム(貨幣)の3

Photo_15 ハウ(剣)の5

Photo_16 コツ(杯)の2

 刺繍の題材として、カルタ 花札 トランプなどは面白いと思います。2006年の雄鶏社主催の「素晴らしき刺繍の世界展」でも 刺繍による花札が出展されていて なんかやられたという感じでした。 刺繍通信vol. 9の表紙になっています。

次回は 韓国刺繍のおはなしをします。

2008年4月 5日 (土)

i Pod への道

 ずいぶん前にステレオが壊れて 安いCDラジカセで音楽を聴いていたのだが、いよいよミニコンポでも買おうかということになった。 近くの電気店のオーディオ売り場にいってみるとほとんどが iPod やらウォークマンやらSDオーディオプレイヤー などとつながるようになっている。それらがどう違うのかわかっていないので、店員さんをつかまえて質問しても話しがすれ違う。 そういう時ある人は 一番簡単なのはどれ? と聞けばいいと言った。が、見栄っ張りな私は 心のなかで 一番かっこいいのはどれ? と聞いていた。なにしろおばさんとは言えブログもやっている私である。最近かなり調子に乗っている。そこでこんどは iPod のようなものたちがならんでいるところに行ってみた。しかし謎は深まるばかりである。一つだけわかったのは iPodがあればCDもミニコンポもいらないかもということであった。その日は美容院にカットにいく日でさっそく美容師さんに iPod の事を聞いてみているうちになんだかできそうな気がしてしまった。 それでも念のため とっても簡単一目でわかる 攻略マニュアルというものも買った。

そして ついに私は iPod nanoのユーザーになった。 いやまだ ユーザーではなくて単なる持ち主でした。 本当のユーザーになるためには、iTune というものをそれも最新版をダウンロードしなくてはいけないらしい。 しかもそれにCDから音楽をとりこんだり 音楽をショップで買ったりそれを iPod 転送したり まだまだイバラの道はつづくthunder みるく神さまお守りください。                   

2008年4月 3日 (木)

大好き ブライス

Img_0146_2  うちのブライスです。子供のころはバービーマニアだったのですが、一昨年書店で ブライスの写真集を見て一目ぼれしました。表紙の彼女はディオールのドレスを着てこちらをみつめていて、私は思わず本を手に取りレジにならんでいました。その時はブライスについてなにもしらなかったのですが、ネットで調べてみるとすでにブライスはかなりの有名人でCM出演もするほどの売れっ子でした。知らない方はブライスの公式ホームページまで。http://www.blythedoll.com/  ブライスマニアはたくさんいて私はまったくの初心者です。うちのブライスももちろんネオブライスでヴィンテージなどではありません。今日着せている衣装は娘の母校の制服です。もとはリカちゃん用の服ですが、ブライスは身体のサイズがリカちゃんといっしょです。 高校の夏の制服ですが、小物までなかなかよくできています。この子はほんとに何でもよく似合って着物もきこなします。こんどは着物で登場させようかな。親ばかですいません。この子をはじめて家につれてきた時、我が家の男性たちは気持ち悪いなどと言いました。いいもん遊んであげないからpunch  今日は刺繍の写真を撮るときよりもずっと気合をいれて写真をとったのですが、この程度が限界です。ほんとはもっとかわいいんだけど。     

2008年4月 1日 (火)

美しい刺繍の小物 Ⅰ

Img_0139_2 これは 母の実家にあった

古い刺繍の懐紙入れです。

貝合わせの貝に桜があしらわれて

います。

かなり古いもので黒の絹糸は

劣化して切れています。生地はビロードで赤茶のような色

ですが、もとはもっとあざやかだったでしょう。

Img_0137_2 これは裏側です。

桜の花びらは刺繍ではなくて

アップリケです。

右側の貝は厚紙を貝の形に

切ったものを貼り付けた上から

金糸で縫いきりしてあります。 長くわたしてある金糸はまったく

留めてありません。 表側の左右の貝には金糸で平埋めした

上にさらに細かい上掛け模様がほどこしてあります。

Img_0140 さて こちらは男物の札入れです。

地を埋めている唐草もよう以外は

すべて相良刺繍です。 相良刺繍

というのはフランス刺繍でいえば

フレンチナッツですが、最も丈夫

で摩擦に耐える技法ですべりにくいことから男物の小物によく

つかわれます。単純な技法ですが、大きさや色を変えることで

微妙なグラデーションを表現できておもしろいです。

ただ 粒をそろえて隙間なく埋めるには熟練が必要で私は苦手

です。 中国で刺繍された安価な相良刺繍の帯や着物が出回った

ことが、なんだか相良刺繍の価値をさげたような気がしますが

私はとても好きなので、これからも作品に取り入れていきたいと

思います。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ