« アフリカの花鳥風月 | トップページ | レトロなビーズバッグ »

2008年7月23日 (水)

アンティーク着物

Img_0390

今日は着付け教室の先生とお仲間と一緒に来年の新年会のイベントの

に使うアンティーク着物を選んでコーディネイトしました。

Img_0381

祖母の訪問着です。 鮮やかな地色が着る人を美しくみせます。

袋帯ではなくてあえて鴛鴦の模様の染め帯をあわせました。

Img_0386

母の花嫁衣裳です。 戦後のまだ物のない時期ですから、もともと

家にあったものか、祖母が 苦労してととのえたものか、はこせこなどの

小物も残っています。

Img_0388_4

 

留袖です。 誰が着たものかわかりませんが、たいへん面白い柄です。

蓬莱山でしょうか、 この柄ちょっと中国的で私は大好きです。

Img_0382

かなりピンボケですいません。 祖母にとって初孫であった、姉が誕生

した時に買ったと聞いています。 鎌倉 芳太郎 作のたいへんめずらしい

紅型の子供の着物です。

以上4点をお貸しすることになりました。 それはよいのですが、新年会

当日、みんなの前で着付けも披露するのだそうで今から気が重いです。

« アフリカの花鳥風月 | トップページ | レトロなビーズバッグ »

着物」カテゴリの記事

コメント

もう新年の準備なのですね!
それにしても華やかで素敵な着物タチですね~shine
図柄も色合いも、参考にしたいものばかりです。
こんなに素敵なたくさんの着物に囲まれてるなんて、ahbonさん、うらやましい!
でも、お手入れもやっぱり大変なんでしょうね・・・wobbly

pencilノブ様
手入れなんて全然してなくてしまいっぱなしなんです。
時々頼まれるとお貸ししたりするくらいです。
もうどんなものがどこにいれてあるかわからなくなっていて
写真でもとって整理しなくてはとずっと思ってるんですけどね。

素晴らしいお着物、出番があって 嬉しいですね♪
アンティーク留め袖とか集めましたが、やはり着てあげなきゃかわいそうですね。新年会に、着ていこうかしら?(爆)

わぁ~花嫁衣装すてき!
その時代に一式を整えるのは大変だったでしょうね。
でもその着物が綺麗に残されている事に関心します。

もう新年会のお着物を考える時期なんですね、、、?
私は着物を着る用意は母まかせなので、いっつも小言を言われます。
こうして早めに着物を出して、、、って見ると着るよりその前後の方が
大変なんだろうなぁ、、、って反省です。

ブルーの着物、曜子さんに似合いそうですね♪

pencilzizi様
アンティーク着物と呼べるのは祖母のブルーの訪問着くらいです。
他は古着といったほうがいいかもしれません。
黒地の着物はもうほとんど羊羹色になりかけています。
実際に着て楽しめるのは紅型の子供の着物くらいでしょうか、
でもその年頃の子供がまわりにいないんですよね。

pencilameri様
お着物のしたくはお母様にとっては楽しい作業かもしれません。
確かに着物を出したりしまったりはたいへんですが、女どうし集まって
着物を広げてこの着物にはこの帯とか、小物は何をあわせようとか、
わいわいやるのはほんとに楽しいですよ。
ブルーの訪問着は錦紗というほんとに薄いちりめんなので実際に
着て出かけると裂けるかもしれません。 着物ショーのような形で
使ってもらえれば、いいかなと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516971/22500575

この記事へのトラックバック一覧です: アンティーク着物:

» アンティークきもの [アンティーク着物入門]
アンティーク着物というものがちまたで流行り出してから、一体どれくらいたったのか。私の姉も去年から少々... [続きを読む]

« アフリカの花鳥風月 | トップページ | レトロなビーズバッグ »

最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ