« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の投稿

2008年8月31日 (日)

袱紗~包むという文化~

 今日は皆様にお知らせとお願いがあります。

リンクしているブログ 道草日記のノブさんがいよいよ念願の

ネットショップをオープンします。 日本刺繍 「照工房」

http://terukobo.web.fc2.com/ 

販売する袱紗のページは9月3日の午前9時オープンだそうです。

ノブさんの袱紗にたいする思いやネットショップ開設にいたるまでの

努力と人柄はブログを読んでいただくと伝わってくると思います。

まずは素敵な作品を products でご覧ください。

今 包み袱紗は生活必需品というものではないかもしれません。

袱紗というフレキシブルな布は「包む」 「掛ける」 「敷く」と

使い手の思いのままに使えるものです。

それに手刺繍が加わるととアクセサリーとしての要素もプラスされます。

そして 包むという文化とともに代々 母から娘に受け継がれていったら

素敵ですよね。

値段は高いと思われる方もいらっしゃるとは思いますが、がんばった

自分へのご褒美とか どこにもない贈答品とかを探している方は

是非 ご検討ください。 嫁入り道具にあるいは引き出物にというのも

いいかと思います。

ともあれ 美しい袱紗たちを一度ごらんになってください。

2008年8月29日 (金)

ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ

 久しぶりに姉とデートです。 サントリー美術館で開催中の

小袖~江戸のオートクチュールを見にミッドタウンまでやってきました。

まずはランチということで 国立新美術館3Fのブラッスリーでお食事

です。 Img_0539

Img_0540

前菜は姉がパルマハムのサラダ 私がえんどう豆の冷製スープです。

Img_0543

メインは二人とも 牛肉のブレゼです。 ポトフのような感じでお肉が

ほろほろに柔らかくにてあってとろみのあるスープに浸かっています。

Img_0544

Img_0546

デザートは姉がクリームブリュレ 私はゴーフルです。

クリームブリュレはバニラビーンズがこれでもかと言うくらいはいって

いました。 私のゴーフルはいわゆるワッフルで、生クリームとチョコレート

ソースとりんごのコンフィチュールが添えられています。かりっと上手に

焼けていましたが、デザートとしてはちょっとおもめでした。

食後の飲み物は別料金で、 2680円のランチでした。 

黒川 紀章 デザインということだったので内装も期待していったのですが、

新美術館の吹き抜けに浮かぶようにレストランがあるというだけで

内装は真っ白なテーブルクロスをのぞけば、大学のカフェテリアのよう

でした。 夜になって照明が加わるともっと雰囲気があるのかもしれません。

お料理はおいしかったですよ。 でもおばさんとしてはちょいっと気になる

ことがあります。 二枚目の写真の上のほうにバターが写っているんですが、

これも別料金で 30グラム 500円なんです。 フランスの高級バター

なんでしょうが、二人でがんばっても30グラムなんて食べきれません。

残したくないんでけっこうたっぷりつけたんだけど半分くらい残りました。

前にもバターが別料金のところがあってその時は一人だったので

泣く泣くバターをあきらめたんです。 だってその時のランチは千円台で

バターはやっぱり今日とおなじエシレバターで400円くらいしたので

ばかばかしいから我慢しました。  だいたいふつうにバターをつけても

ひとり5グラムくらいあれば足りるとおもうのですが、四角にカットして

パンのお皿に添えて出してくれれば無駄がないのに、100円でも150円

でも払えというなら払ってもいいですから。 半分余ったバターはもちろん

持ち帰りました。 原則おことわりしているけれどもすぐに食べていただければ

ということでアルミ箔に包んでくれました。 そこまではよかったのですが、

今は夏だから溶けちゃうかもということに気づいて、しまったと思いました。

でもいまさら返せずハンドバッグの外側にハンカチでくるんでぶらさげて

帰りました。 お店では余ったバター捨てちゃうんでしょうか、それとも

ソテーとかソースとかに使いまわしするんでしょうか。 料理よりそっちが

気になっっちゃいました。

2008年8月28日 (木)

ハーチョンカイ

Img_0535

 蝦風味の鳥のから揚げです。 私の大好きなサイト「プラナカン・シック」

で紹介されていましたので、さっそく作ってみました。 はまってますpig

ダイエット中なのに。 冷たいビールのお供に最高です。このごろちょっと

涼しすぎますが。  

Img_0536

 

調味料でかかせないのが、これ ハーチョンと呼ばれるオキアミの塩辛

です。 中華食材を扱うところで手に入りますが、ネットで探すなら

ニッショクという食材のサイトで売っています。http://nisshoku.biz/

作り方は まず 鳥の手羽中に下味をつけます。

下味の材料は ハーチョン・オイスターソース・塩・砂糖・しょうがの絞り汁

酒・サラダ油  分量は手羽十本にたいして ハーチョン15グラム

以下それぞれ小サジ1程度 そのへんは適当におねがいします。

ハーチョンをもっと入れたかったら塩を控えめにしてください。

調味料を合わせたらそこに胡椒少々と片栗粉大サジ2を加えて

よくまぜます。 ここに鳥肉を入れてよくもみこんでください。

最低でも1時間、できれば3時間くらいそのまま漬け込んでください。

揚げる前に再度片栗粉をまぶします。

Img_0538

 

その時にできれば、この片栗粉使ってください。から揚げの時にこれを

まぶして揚げると食感がよくておいしいんです。 もちろん普通の片栗粉

でもかまいません。  一度きつね色になるまで揚げたらもういちど

二度揚げしてください。  食べる前にライムかレモン すだちでも

いいですから絞って召し上がれlovely

これにはまると普通のから揚げは物足りなく感じるかも。

ハーチョンはちょっと癖のある香りですが、から揚げになると旨みだけが

残ってにおいは気になりません。 ナンプラー系のニオイが苦手の人

がいるときは鳥を漬け込んだ残りの漬け汁をすばやく始末して

証拠隠滅してください。

できあがったハーチョンカイは濃厚だけどくせのない味です。

シンガポールやマレーシアの人たちはこれにさらに甘めのチリソース

などをつけてたべるようですが、そのままでも充分です。

鳥肉はデパ地下などの鳥肉専門店で大きめな手羽中を買うと

おもてなし料理にもなりますよ。

2008年8月22日 (金)

チンジュモニ

 韓国刺繍の新しい課題「チンジュモニ」の制作にとりかかりました。

チンジュモニは真珠で飾られたチュモニのことです。

韓国刺繍をはじめたころからこれは是非やってみたかったものです。

チュモニというのは韓国の伝統的な巾着袋のことで大変古くから

さまざまな用途に使われてきたものです。 韓服にはポケットというもの

がないので生活必需品としてまた装飾品として発達してきたものです。

古いチュモニの画像をお見せしたいのですが、ネットの中でうまく

探せず、本などの画像は著作権があるしdespairどんなものか知りたい方は

検索してください。 現在作られているものはみられると思います。

Img_0529

真珠モニは本来は赤い絹地に金糸の駒取りで刺繍をした後に真珠を

ところどころにとめつけて 口を紐できゅっとしばって房やメドゥップと

呼ばれる組み紐などでかざります。 赤い絹地ではちょっとはでなので

深いグリーンの生地に薄色の金糸とサビ金という少し黒っぽい金糸で

刺してみることにしました。 金糸の駒取りといっても韓国では駒を

使わずに金糸をとめつけたりするようで、それは私にはかえって

むずかしいので今回は全面的に日本刺繍のやり方でやってみるつもりです。

真珠はパールビーズでもよいのですが、淡水のバロックパールを使う

つもりです。古い真珠モニもふぞろいのパールを使っていてそれが素敵

だったので。 

2008年8月18日 (月)

i Pod への道 Part Ⅲ

  だいぶ前ですが i-Phone  出ましたね。 ああもうちょっと待てば

よかったと思ったのですが、やっぱり私には i-Phone 無理そうです。

i-Pod のメニューを選んだり 音量を変えるときのスクロールが

うまくいかなくてイライラしてるくらいなので。 ですから今私のバッグ

の中には、携帯 デジカメ i-Pod が 入っていて、ただでさえ重い

おばさんバッグがさらに重くなっています。これはすべて携帯だけで

済むはずなのですが、1つの機器に多機能というのについていけ

ないんですよね。

Img_0421_2

そこにまたさらにこれが増えました。 これブロックのようですが

i-Pod 用 スピーカーです。 i-Pod 内の音楽をみんなで聞きたい

時とか、音を出せる場所でイヤホンがわずらわしい時に便利です。

でもほんとはただカワイイから買っちゃいました。

Img_0426

Img_0428

こんな感じです。 もちろん音はよくありません。 どこから音が出てくる

のかもまったくわかりません。 でもでも カワイイからいいんですheart04

2008年8月12日 (火)

ソムタム

Img_0429

 ついに手に入れました。 これぞしりしり器です。

ちょっと太めのささがき用のスライサーですが、これで人参をしりしりすると

あっという間です。 楽しくていろいろしりしりしたくてたまりません。

それで 青いパパイアの登場です。 最近は大きなスーパーなどで買うこと

もできますし、近所の生活クラブでも売っていました。 パパイヤイリチー

とかパパイヤチャンプルーもいいけど、今日は「ソムタム」です。

ソムタムはタイの代表的な料理でこれの屋台などもあるくらい

ポピュラーなサラダです。 私 タイには行ったことがありませんが、

日本のタイ料理のお店で食べてすっかり気に入りました。

青パパイヤの皮をむいて縦に細かく切れ目を入れてから薄く横に

スライスすると、長めのささがきになります。 私の大好きな映画

「青いパパイヤの香り」でこんな風にささがきしたパパイヤの料理

を愛する人のために心をこめて作るというシーンがありました。

でも私にはしりしり器という強い味方があります。 これでパパイヤ

一個があっというまにしりしり完了です。Img_0430    

作り方は検索してください。私のレシピは出たとこ勝負で、ないものは

ないなりにということなので。 絶対に必要なのは ナンプラー・ 唐辛子

やチリなどの辛味・ 柑橘系の酸味・ 甘み・ にんにく こういうものの

まざりあった味です。 できれば干し蝦か桜海老・ 砕いたピーナツ

も入れてください。 今日は写真用におしゃれしてプチトマトとインゲン

もいれてます。 パクチー好きな方はたくさんトッピングしてください。

Img_0433

ソムタムだけではディナーにならないのでナシゴレン作りました。

これも作り方は聞かないで。 ナシゴレンの素を使っちゃいましたbleah

これで東南アジア屋台飯のできあがりです。 

カンフー映画

 実は私、カンフー映画ファンです。 なんだかカミングアウト

してるみたいな雰囲気ですが、ブルース・リーから始まって、

「少林寺」の リー・リンチェイにどっぷりとはまりました。

後にも先にも 映画の初日舞台挨拶というものに行ったのは、

この方の映画だけです。 リー・リンチェイのアクションは芸術です。

目にもとまらぬ速さで繰り広げられる武術シーンもいいのですが、

ゆっくりとした太極拳をやってみせたときには、つくづく美しいと

思いました。 ハリウッドに行って、ジェット・リーになってからは

映画館にまで見に行くことはしなくなりました。 なんで私の師父が

ジェットなのさ、ジャンボ尾崎じゃあるまいし、、、、、

しかし今回は見に行かないわけにはいきません。

だってついに ジャッキー・チェンとの競演が実現したんですから。

「ドラゴン キングダム」 カンフー映画というより チャイナファンタジー

です。 二人の競演は15年前と8年前の2回 計画されたものの実現

はしなかったんだそうです。 この映画はすべてのカンフー映画ファンに

対するプレゼントといっていいかもしれません。 映画は主人公の

カンフーおたくで気弱なボストンの少年の部屋から始まるんですから。

この主人公は最後まで影が薄いです。ほんとの主役は JJコンビです

からね。 15年前がだめなら、8年前でもいいからもっとはやく共演して

ほしかったな~。 

あの 特におすすめはしません、見に行ってつまらなくても責任持ち

ませんからcatface

 

2008年8月 4日 (月)

手作り日傘

Img_0411

刺繍入りの日傘を作りたいと思って 手作り日傘を試しに作って

みました。  刺繍用にすでに傘の形になって売られているものも

ありますが、きちんと布を張らないと刺せない日本刺繍の場合は

先に刺繍をしてから布を裁断して傘にすることになります。

ネットで探すと 手作り日傘のキットが売られていますし、本もあります。

Img_0419_2 Img_0418_2 

思ったより簡単にできました。 右側は キットで型紙と作り方付

です。 生地は今回は試作なのでバーゲンのインド綿を使いました。

生地は厚すぎてもだめ、ほつれやすい生地もだめです。

麻でつくりたいのですが、なかなかよい生地がみつかりません。

刺繍を入れる場合は裏側の始末にも気を使わなければいけません。

ただ作ったはいいけど外に持っていけるかどうかわかりません。

日傘ってつい置き忘れますよね。 先日もデパートの試着室に

娘の母の日のプレゼントの日傘を忘れかけててちょっとあせりました。

やっぱり 黒地がいいかな、大好きな龍の模様をいれたら、雨が

降ってきそうですね。 また妄想にふける私でした。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ