« ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ | トップページ | アヴァンギャルド・チャイナ »

2008年8月31日 (日)

袱紗~包むという文化~

 今日は皆様にお知らせとお願いがあります。

リンクしているブログ 道草日記のノブさんがいよいよ念願の

ネットショップをオープンします。 日本刺繍 「照工房」

http://terukobo.web.fc2.com/ 

販売する袱紗のページは9月3日の午前9時オープンだそうです。

ノブさんの袱紗にたいする思いやネットショップ開設にいたるまでの

努力と人柄はブログを読んでいただくと伝わってくると思います。

まずは素敵な作品を products でご覧ください。

今 包み袱紗は生活必需品というものではないかもしれません。

袱紗というフレキシブルな布は「包む」 「掛ける」 「敷く」と

使い手の思いのままに使えるものです。

それに手刺繍が加わるととアクセサリーとしての要素もプラスされます。

そして 包むという文化とともに代々 母から娘に受け継がれていったら

素敵ですよね。

値段は高いと思われる方もいらっしゃるとは思いますが、がんばった

自分へのご褒美とか どこにもない贈答品とかを探している方は

是非 ご検討ください。 嫁入り道具にあるいは引き出物にというのも

いいかと思います。

ともあれ 美しい袱紗たちを一度ごらんになってください。

« ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ | トップページ | アヴァンギャルド・チャイナ »

日本刺繍」カテゴリの記事

コメント

早速ありがとうございます!
しかも、簡潔にして的確な表現で袱紗の良さを伝えてくださって、感激しています。
アクセサリーとしての要素!上手い表現ですねflair
いままで私がくどくどと並べていたことが恥ずかしくなります。
やはり一人よりも二人、二人よりも三人、作り手はたくさんいたほうがバリエーションが広がって、買う立場からみるといいだろうと思います。
一緒に頑張りましょうねrockdash
明日、私のブログでも、ahbonさんのところで紹介いただいたこと、記事に書かせていただきますwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516971/23376276

この記事へのトラックバック一覧です: 袱紗~包むという文化~:

« ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ | トップページ | アヴァンギャルド・チャイナ »

最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ