« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の投稿

2008年9月29日 (月)

台北食欲旅行 其の四

 楽しかった台北も今日が最終日です。 気がかりだった台風

も台湾をよけてくれたようです。 今日は朝からホテルの朝食を

やめて有志三名で外にでます。

ホテルの近くの地元の人たちに人気の豆乳屋さんがあるということで

行ってみました。 「阜杭豆奨」~ちょっと字がちがうけどまあいいか

さすがにここでは日本語が通じないかとおもって メモに書いて渡したの

ですが、受け取った女性は字が読めなかったようで他の人にバトンタッチ

で、その人は日本語OKでした。

R0011274

まえの二つが冷たい豆乳 後ろが暖かい豆乳です。

後ろのお盆の右側が 薄焼き卵をクレープで巻いたようなもの

左がちょっとわかりにくいですが、油條というあげパンを薄餅に

はさんで紙にくるんで 半分に切ってくれています。

もう なんていうか ほんとにおいしいです。 こんなんではリポーター

はつとまりませんが、豆乳嫌いな人でもこれは飲めます。

冷たい豆乳は大豆の甘さに少し甘みを足したまったく豆臭くない

すっきりした豆乳です。ほどよく冷えてます。暖かい方は塩味で飲んで

いるうちに固まってきておぼろ豆腐のようになります。これもいいです。

写真のメニュー全部で 450円位 一人150円で食べられる朝ご飯です。

毎日ここで朝ごはん食べた~いdash  台北に住みた~い dash

誰か何とかしてくれ~typhoon   すみません 取り乱しましたcatface

ホテルに戻り、そこは冷静に二度目の朝食です。だって朝食つきなんだもん。

食べなきゃ損でしょ。  果物とコーヒーを飲んで終わりにしました。

部屋に帰って荷物をまとめて最後の昼食のために街に出ます。

昼食までに少し時間があるので思い切って地元の美容室に駆け込みます。

P9230491

ちょっとどきどきしながら 時間がないけど二人シャンプーしてくれるか

きいたところ なんとかやってもらえました。 台湾ではすわったままの

状態でシャンプーしてくれます。

P9210336

こんな感じです。(この写真は前々日 別の美容院での写真です)

今日飛び込んだ美容室は地元のおばさん御用達という感じの店で

40分であっという間に二人をシャンプー ブローしてくれました。

私のほうは ドライヤーとブラシで完璧に モリ頭 に変身して

どこからみても台北のおばさんです。 これで料金が 短髪150元

長髪200元です。 もう台北に住んでたら自分で頭洗わないワ~

ちょっと遅れて昼食の食堂に行きます。 「長白菜館」~ちょっと名前が

ちがうかも。  ここの名物は酸っぱい白菜の漬物と豚肉のお鍋です。

鍋ですから冬の食べ物ですが8月以外は食べられます。

R0011284

辛くないキムチの古漬けをいれたスープで豚シャブをする感じです。

タレはゴマダレです。 好みでタレの中に葱とシャンツァイを入れて食べます。

食べている時はそんなにおいしいとおもわないんだけど、又食べてもいいかな

と思わせる食べ物です。

さてここで終わりではありません。 デザートです。

P9230506

これは 絶対に食べて帰らなきゃと思っていた豆花です。

「騒豆花」は10人も入ればいっぱいになってしまうような小さな店ですが、

台北にいったら絶対行ってください。 一緒に行った男性陣も絶賛でした。

これは マンゴーと西瓜の豆花です。 もう全員 黙ってペロっと食べて

しまいました。

もうほんとにおいしいものの写真を見せるだけ見せて ごめんなさい。

これでほんとに終わりです。  ごちそうさまでしたpig

2008年9月28日 (日)

台北食欲旅行 其の三 続き

 九分の帰り路 港町 基隆に寄り道しました。

パイナップルケーキを買うためです。 基隆の「李鵠餅店」の

パイナップルケーキはここでしか買えないんです。 そういわれると

食べてみたくなりますよね。

R0011262_2 

基隆ではたまたまお祭りの真っ最中 これは三年に一回 台湾全土を

周るものだそうですがどんなお祭りなのかは全然わかりません。 練り歩く人形の後ろ

に見える 赤い看板のお店が 「李鵠餅店」です。

無事にパイナップルケーキを買って台北に帰ります。

R0011282

 台北に着いて 台北101に登ろうとしたところ交通規制のため近づけず

断念しました。 No Car Day のようなものをやっていたようなのですが

月曜日にそんなことするかな~   残念です。

一度ホテルで休んでから いよいよ最後のディナーです。

地元のスーパーを探訪してからレストランに向かいます。

 台北最後の夕食に選んだのは 広東式ダックが名物の「龍都酒楼」です。

日本人向けのレストランも多いエリアでこのお店も日本語が通じます。

あらかじめダックを一羽予約しておきました。 一羽で1200元 日本円に

すると4000円ほどで 5人が思う存分 広東ダックを楽しめます。

北京ダックとの違いは肉がついているかどうかで、 肉をつけて切ったり

肉と皮を別々に切ってくれたりするので好みに応じてえらべます。

じつは作り方のもちがいがあるらしいのですが。 味は同じですがこちら

のほうが脂が落ちていてさっぱりしているように思いました。

帰りは台北の地下鉄 MRT にも乗ってみました。 パスモのような

カードもありますが、チケットを買うと紙ではなく カジノのチップのような

ものが出てきます。R0011270

これを ピッとかざすと OKです。 なるほどこれならリユース可能ですね。

台北の街はお世辞にもきれいとはいえません。 とくに夜市や屋台などの

周辺は 臭豆腐 という食べ物や 下水のにおいで 繊細な人はそれだけで

ちょっときついかもしれません。 歩道を堂々と横切る特大のゴキブリを

気がつくと蹴飛ばしていたりして その歩道自体も気をつけていないと

段差だらけで危険です。 でも日本に帰ってくるとあまりに街が清潔で

味気ない気がしてきます。 台北は またもういちど戻って来たいと思わせる

混沌とした魅力がありますね。 姪などは三ヶ月位住みたいそうです。

実は私もbleah

2008年9月27日 (土)

台北食欲旅行 其の三

 台北三日目となりました。 ここまではお天気に恵まれましたが

また台風が近づいてきています。 今日は朝から車をチャーター

して九分を目指します。 九分はいまや台北近郊では一番人気

のスポットです。 平日でも一日六千人の観光客が訪れるそうです。

P9220423

こんな感じの写真をガイドブックでごらんになった方も多いと思います。

このとおりです。 それ以上でもそれ以下でもありません。

R0011220

まずは九分茶房でお茶をします。 お店はこんな感じでなかなか素敵

です。

R0011223

テラス席もあります。 バルコニーからは海がみえます。

もともと何もなかった九分がこんなに有名になったのは

映画 「悲情城市」のおかげというかせいだけど、今は「千と千尋」の方

で有名かも知れません。 かつてのゴールドラッシュの夢よもう一度と

いう感じなんでしょけど、すっかり観光化されていて風情はないですね。

R0011240

九分で是非食べようとおもっていたのはこれです。

芋圓 といってタロ芋のおだんごをシロップとあずきなどの甘く煮た豆と

いっしょに食べるものです。 暖かいものと冷たいものがあって冷たいものには

氷が入っています。 味は小豆白玉というような味です。 あまりしつこく甘く

ないので男性もだいじょうぶかも。

P9220392

これが材料のお芋です。 そして作っているところはこんな感じ。

P9220400

このお店は座って食べるところが奥にあるので雑然とした工場の中を

通り抜けていかなくてはいけません。 お天気がよければテイクアウトして

外の眺めのよいところで食べる方がよいと思いますよ。

この日の昼食は決めていなかったので ガイドさんに連れられて 港町 

基隆の海鮮レストランに行ったのですが、これが大失敗でしたので

即 記憶から消し去りましたpunch       ~ 続く ~

2008年9月26日 (金)

台北食欲旅行 其の二

 台北二日目は午前中は 「故宮博物院」見学の組と

ホテルで寝ている組に分かれて お昼に 鼎泰豊で待ち合わせ

です。 鼎泰豊はいわずとしれた有名店ですが、台北だけでも

三ヶ所に支店をオープンしています。 ここはやっぱり本店で

ということで 昼過ぎに集合しました。 先に着いていた長女夫婦が

予約番号(70分待ちですが)をもらっていてくれたのでスムーズに席に

つくことができました。やっぱりおいしいですheart04

こんなに大量の客が押し寄せているのに味が落ちないというのは

さすがだと思いました。 東京の支店で食べるのとはやっぱり違いますね。

小龍包はもちろんですが、ただの空芯菜炒めなんかがおいしいところが

いいです。 そして食後はもちろん 近くの 氷館へdashR0011132

 

 超級マンゴー氷lovelyです。 これが食べたかったspa

最近 類似のものが日本でも食べられるけど 何がちがうのかこんなに

おいしくないんですよね。 店は屋台がこぎれいになった程度の店だし

作っているのもバイトのおにいちゃんって感じなんだけど。

ただし二人か三人で一杯で充分です。

永康街で買い物をして一回ホテルに帰ります。

夕食は 上海料理の 「大味」~ダーウェイと読みます。

P9210351

こちらのお店の名物は 東坡肉 です。 左側のゴマのついたパンに

挟んで食べます。 中華ハンバーガーですね。 パンがよぶんな脂を

吸ってくれてよりおいしくなります。P9210361

これは羽根つきの焼ぎょうざです。 やさしい味のぎょうざでした。

三泊四日の旅ですので 残る夕食はあと一回 胃が1つしかないのが

残念です。

台北食欲旅行 其の一

連休を利用して台北に行ってきました。

総勢6名の食い気満々の旅です。 これから台湾に旅行

される方の参考になれば幸いです。 

9月20日 最終のチャイナエアラインで 夜8時過ぎ 台北に到着です。P9200251

一日目の夕食は 「九番坑」 居酒屋さんです。

九分出身のお酒好きのオーナーがやっているお店でご本人もお店で

お客さんとガンガン飲んでます。 これってお酒好きにとっては夢のような

シチュエーション?

お料理はどれもおいしかったのですが 特にこの二つが気に入りました。

Img_0565

最初に出てきた鴨の燻製のサラダ 適度な歯ごたえと塩加減。

添えられたオレンジがまた鴨にあうんです。

Img_0571

そしてこれはなんと特大ホタル烏賊です。 唐揚げした烏賊に生姜が

たっぷり添えられています。 

一人前800元のコースを頼んだのですが どれもはずれはなかったです。

やはり中華はある程度人数がいないといろんな種類を頼めませんよね。

今回は6名様ですから、またとない中華三昧のチャンスです。

出発前に 姪と 食べたいものをなんだかんだとリストアップしていた

ので もう頭の中は台湾グルメが渦をまいていましたtyphoon

台風が早めに過ぎ去って無事に飛行機が飛んでくれてほんとよかったですscissors

  地名の九分は分に人偏がつきますが日本語にはない漢字なので分で表示します。

2008年9月21日 (日)

日本ナンダコリャこれくしょん 今度は俳句だ!

 俳句にはまったく縁がなかったのですが、リンクしている

道草日記の ノブさんの影響か 最近ちょっと俳句にアンテナを

張っていたところに NHKのハイビジョン特集で このタイトル

です。 録画するのを忘れて、途中から見始めたのですが、おもしろくて

引き込まれました。

司会はいとうせいこう お目付け役に俳句界の重鎮 金子 兜太

十人の選者が古今の迷作 ナンダコリャ俳句を 2句づつ選び

プレゼンテーションをして優劣を競うという趣向です。

選ばれた俳句のナンダコリャ度は想像以上で こんなに自由でいいの?

と目からウロコでした。

例えば 重鎮 金子兜太先生の句

      粉やが哭く山を駈けおりてきた俺に

これ横書きだと感じがでないけど、それに録画しなかったので一字一句そのとおり

かどうか自信がありませんのでまちがっていたらごめんなさい。知っている方

は是非訂正のコメントください。

結局 優勝した句は

      露人ワシコフ叫びて石榴打ち落とす

      戦争が廊下の奥に立ってゐた

の2句でした。 これ最初聞いたら???????ですよね。

これ両方とも有名な俳人の句です。 選者の人たちの解釈というか推薦の

弁を聞いているとだんだんとひきこまれていきます。

私が好きな句は

      渡辺のジュースの素です雲の峰

フフフ 歳がばれますね。 永久にうしなわれた夏休みです。

俳句よりも 素敵だったのが 金子兜太先生です。

89歳のご高齢ですが、まったく錆びていない方です。

ですから他の出演者や司会のいとうせいこうさんも俳句の先達として

の敬意は払っていますが、まったくお年寄りと言う意識なく接しています。

テレビカメラを前にしてもだれよりも自由に自然に発言していてすっかり

ファンになりました。

もっとこの方のことを知りたくなって検索してみたところ この方の名前と

フンドシがワンセットで出てくるのが笑えます。 

NHKの ようこそ先輩 と言う番組の冒頭で フンドシ姿で 太鼓腹を

乾布摩擦していたのが そうとう衝撃映像だったようです。

俳句って奥の深い言葉遊びの世界だな~ 面白いですcatface

2008年9月18日 (木)

韓国のお餅

 新宿の文化学園服飾博物館の帰りに新大久保のコリアンタウン

方面まで足を伸ばしました。 鐘路福餅店でお餅を買うためです。

平日の昼下がりの職安通り界隈は相変わらず韓流おばさんでいっぱい

でした。Img_0559

まずは 韓国食材スーパー 「韓国広場」で ジャガイモ麺のインスタント

ラーメン~カムジャミョンと 梨のジュースを買います。

梨のジュースは果汁はあまり入ってない感じですが、いちおう梨のピューレ

入りだそうです。 さっぱりしていてけっこう好きです。

派手な水色に赤で韓国広場とプリントされたレジ袋がちょっとはずかしいです。 

そこからもう少し新宿よりに鐘路福餅屋があります。  

Img_0560

お目当てはこれ シルトックです。 韓国ではお祝い事や引越しの時の

などに作って配る

ようです。

味を言葉で説明するのはむずかしいのですが。 甘くない圧縮 板おはぎ

がちょっと乾燥しちゃった感じといったら伝わるかしら。 ソウルで食べたものは

これより少し塩がきいていました。 おいしいです。 うるち米ですから、

すぐには固くなりませんが、日持ちはしません。 かなり お腹にたまり

ますので おやつというより食事がわりにもになります。

実は前回の韓国刺繍教室で韓国のお餅の話題になって、食べたくてたまら

なくなっていたんです。 韓国刺繍の玉川先生は大阪でお餅の講座を持って

いらっしゃいます。 来年は東京の方でもやっていただけないかとただいま

企画中です。  Img_0561

シルトックを切るとこんな感じです。

おいしいよ~ heart04

あずき大好きな私にはこたえられませんdelicious

このお餅やさんは歌舞伎町にあるので 新宿駅に向かう途中

気がつくと ホストクラブ通りのようなところを歩いていました。

平日の昼下がりにこんなところに人はいないだろうとおもったのですが、

客引きのような男の子たちがちらほら。 あきらかにホストの先輩らしき

男の子が道端に座り込んで後輩に 「女ってのはさ~」とか言ってます。

その先が聞きたい でも立ち止まるわけにもいかない。 おばさんは

白昼の歌舞伎町で一瞬 葛藤しました。

歌舞伎町を抜けて新宿駅 東口に着くと 駅前の広場に ホストらしき

金髪 黒服の集団がかたまっているんです。 こんな時間にここで

なにをしているの? 聞きたいspa でもミイラ取りがミイラになっちゃっては

いけないので 素通りいたしました。

う~ん都心に出るといろんなことにぶつかります。

海外にいかなくても充分楽しめるな~note

2008年9月16日 (火)

中国の服飾 ~清朝から近代まで~

Img005

 文化学園服飾博物館に行ってきました。 先日の江戸の小袖との

比較で同時代の中国の服飾、特に刺繍が見たいと思ったので。

正直いうとあまり期待していなかったのですが、すばらしいコレクション

でした。 10年程前に横浜のそごう美術館で開催された「紫禁城の女性たち」

という展覧会でも何点か宮廷の女性たちの衣装が展示されていましたが、

今回のコレクションのほうが衣装に

かぎって言えば質 量ともにみごたえあります。

今回は清朝以降近代までの服飾ですのでいわゆる現代のチャイナドレスが

できあがるまでの変遷の歴史としてみるのもおもしろいです。

今回はいろいろと発見があったのですが、明から清に変わるときに男性は

官僚から庶民にいたるまで満州族の風習にのっとった服装 髪型を強制

されているんですが、女性は比較的自由だったようです。 権力をもたない

女性はどうでもよかったのか、女性のおしゃれはとめられなかったのか

「男従 女不従」という言葉があるそうです。

男性は辮髪を強制されてるのに 女性の纏足は禁止できなかったんですよね。

ちなみに満州族の女性には纏足の風習はありません。 ある日辮髪にしろと

言われたらそうとう抵抗あると思うんだけど。 実は 香港映画好きだった私は

この辮髪けっこう好きです。 似合う人とまったく似合わない人がいるんだけどcatface

脱線はこのくらいにして刺繍の話にもどします。 この刺繍が繊細ですばらしいです。

ほとんど細い平糸(縒りをかけていない釜糸)でたんねんにさされています。

図柄も色合いも 私のツボです。このコレクションはほとんど今でも着用可能に

みえるほど状態のよいものが多いです。 刺繍の他に心引かれたのは

襟元や袖口などを飾る刺繍の部分と本体の境目のあしらわれた 紋織りの

リボンです。 ちょっと幅広のチロリアンテープを想像してください。

よくみるとほんとにこれがかわいいんです。 もしかしてフランスあたりから

の輸入品かも~これはあくまで私の想像です。

江戸の小袖との比較でいうと やはり日本は友禅をはじめとする模様を染める

技術が高度に発達したので刺繍は染めにアクセントをつけるものとして

脇役になっていることが多いです。 中国の服飾では模様は織りまたは

刺繍であらわされます。 染めであれば衣服に複雑な模様も表現できること

から小袖には、季節感や物語のみならず教養までも写し取るような意匠が

可能だった思われます。 どっちも 素晴らしく贅沢で素敵。 

この展示は9月20日までです。 興味ある方はおいそぎください。

2008年9月11日 (木)

リュクス

 最近ファッション雑誌などをめくると必ずといっていいほど出てくる

このリュクスという言葉 フランス語で 贅沢 上品 優雅 ワンランク上

とかいう意味だそうです。 つづりはLUXE。  

デラックスとたぶん同じ意味かな。ラグジュアリーなんていうのも同じ語源

だと思います。

ファッション雑誌のライターさんは日本人の99.9%の人が知らない

耳ざわりのよい外国語を捜してきてはさんざん使いまわして手垢がついたら

使い捨てするんでしょうけど賞味期限に気をつけないといけないですね。

この間毎日新聞に折り込まれていた、広告の冊子のテーマが

「日本のリュクス」だったんだけど、そのなかに 日本のリュクスにささげる

なんとかのオマージュとかいうタイトルがあってなんだかむずがゆく

なってしまいました。 リュクスでオマージュかい。

編集会議かなんかで ~じゃあ今回はとりあえずリュクスってことで~とか

~オマージュでしょやっぱり~ とか言ってんのかしらと勝手に想像して

しまいました。

ファッション雑誌なんて美容院でしか読まないおばさんの私も

リュクスって言葉を認知してしまった今、そろそろ逃げる準備をした方が

いいんじゃないかしら。大急ぎで次の言葉をさがしたほうがよいかも。

いっそのこと デラックスに置き換えてみてはどう? 

そうそう 「日本のデラックス」 なんかとたんにただよう親父臭さは何?

ほんとに言葉って生きてるからおもしろくてむずかしいです。

最近気に入っている言葉 「モリ」

 これはそのまま盛り上げることなんだけど主に 若い女の子が

髪の毛に逆毛をたててもりあげたり、 デコデコに飾った携帯電話の上に

さらにいろんなものをくっつけてありえないくらいの盛り上げ方をすること

なんだそうです。 昨日のNHKの 東京カワイイ★TV はこの 「モリ」

特集でした。 番組にはカリスマ盛師も登場して 盛リンピックなるものが

開催されました。 姫モリ と お嬢モリ と ギャルモリ の対決だそうです。

激盛デコケータイなるものも登場して ほんとにその想像を超えた盛りっぷり

におばさんは感動を覚えました。 オーバーな話をするのも 話を盛ってる

などという使い方をするそうです。

私も何か盛りたいよ~heart04  何 それ以上盛る必要ないって? はい体も話も

シェイプアップしますからsweat01

日本刺繍の肉入れとか上掛け模様ももしかして モリ? 

江戸の小袖にオマージュをささげて今日も絹糸を盛る私のリュクスな日々catface

ああ かゆくなってきたbleah

2008年9月10日 (水)

i Pod への道  最終章

 やっとなんとか iPod のユーザーと胸を張って言えるように

なりました。 語学の教材や動画も購入して、電車の中で退屈

しないです。 ただ語学は声に出してリピートしそうになることも

しばしばで気をつけなくてはと思っています。Img_0554                  

これ iPod ケースです。 姉に作ってもらいました。 おあつらえheart04です。

しかも ただcatface

 姉妹の仲ですから、このお返しはなどと気をつかうこともありません。 

お姉さまありがとう。

表には 大好きな双喜文様 裏は市松です。

Img_0555  

姉はニットソーイング と ビーズ織り をするのですが、最近は洋裁

全般をこなすようになり、簡単なものなら注文を受けて縫ってあげたり

しています。 年配で 小柄な方などは Tシャツの袖や裾が長すぎ

たりして困っていたりすると、直してあげて喜ばれています。

Img_0558

  

iPod を入れるとこの通り 使う時は首からぶらさげます。

さて今度は何を発注しようかなshine   

2008年9月 4日 (木)

小袖~江戸のオートクチュール~

Img004

 姉妹はアヴァンギャルドの森を抜け出して、やっとサントリー美術館

にたどりつきました。 すばらしいです。 よくぞ公開してくれました。

松坂屋京都染色参考館 所蔵のコレクションがいままで公開されなかった

のは これらが企業のデザインソースとして集められたもので 一種の

企業秘密だったからなんですね。 それにしてもけちけちしないでもっと

はやく見せてくれればいいのにangry

ここで公開したのはもはや呉服業界全体が衰退の一途をたどっているから

秘密にしておく意味もなくなったからなんでしょうか。 

かなり膨大なコレクションであることと 長く展示することによる劣化を避ける

ためもあって、三回展示替えがあります。

これは 染織や日本刺繍を志す人だけでなく 特に着物や工芸などに

興味のない人にも見てもらいたいな。 ご主人やお子さんと一緒に

いかがでしょうか。 先日ご紹介した 「刺繍ふくさの照工房」のノブさん

http://terukobo.cart.fc2.com/ のご主人 ノブ夫さんは

 「紫 綸子」を むらさき ともこさん って誰?という迷言をはきつつ鑑賞

なさったようです。 そういう方にこそ見ていただきたいです。 

もちろん 図録は買いました。 これからじっくり解説を読んでみようと

思います。 やっぱり 日本人にうまれてよかったわscissors

今月21日までです。お着物で来館の方は入館料 300円引きだそうです。 

それと火曜日が休館日ですよ。

2008年9月 2日 (火)

アヴァンギャルド・チャイナ

Img003

 姉とデートの続きです。 国立新美術館で食事の後 ちょっと気になって

いたのでサントリー美術館の前に  アヴァンギャルド・チャイナ展をのぞいて

みることにしました。 中国のモダンアートは、20年位しか歴史はないわけ

ですが、その中での代表的なものをあつめた展示のようです。

へへへ、、、、、 わかんないですsweat02

人間理解できないものに遭遇すると、ちょっとへらへらしちゃうか、若干

怯えるかどちらかですね。

正確に言うと まったく理解できないものから、理解できるけど好きではないと

いうものまでさまざまありました。 過去のパフォーマンスについては再現でき

ないわけですから、写真や映像を流したりしているわけですが、主催者が

ちょっとヤバイと思うようなものが含まれているものに関してはブースを

区切って出入り口に暗幕を垂らしています。 しかも「これ見て気持ち悪く

なっても知らないよ」と言う意味の注意書き付きです。

食事したばかりなので気持ち悪くなりたくないのでやめときました。

写真の展示もあったので映像は見なくてもどういうものか想像できたの

ですが、若い男性がメイクをしてドレスに着替え完璧に女性に変身する

というパフォーマンスの映像だったようです。

それを見て姉が一言「それが どうした。」 お姉さま同感です。

そんなわけで初老の姉妹は完全に場違いなところに足を踏み入れた

ようです。  

 展示されていた過去のモダンアートの展覧会の図録に ひとつだけ

面白い言葉をみつけました。 「艶俗芸術」 ゴーディ アート と読むそう

です。 言い換えれば、チャイナ・キッチュ 中国のコンテンポラリーアート

のひとつの流れとしてそういうものがあるようです。 ファッション雑誌などで

使いまわしされているキッチュという言葉は、 安っぽくてけばけばしいけど

かわいいというくらいの意味だと思っていました。 もともとはドイツ語で

まがい物 低俗 悪趣味 と言うような意味であまり肯定的な意味はない

ようだけど、そういうもののなかに見出される美というか、存在感といった

ようなもののようです。 すくなくともかわいいと言う意味はなさそうですね。

上海で1999年に開かれた 「艶俗芸術展」見てみたかったな。

図録の開かれたページにはその時展示された絵がのっていましたが、

なんか 居心地悪くなるような キッチュさでした。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ