« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の投稿

2008年10月25日 (土)

美しい刺繍の小物 Ⅱ ~半襟編④

 半襟シリーズも四回目となりました。 今日は夏の半襟です。

私が子供のころは祖母はいつも着物でしたが、さすがに夏だけは

木綿生地のワンピースなんかを着ていました。 でも祖母の子供の

ころは一年中当然着物だったわけで、夏の刺繍の半襟もあるわけです。

今  自分で半襟に刺繍するとしたら夏物は絶対にやらないですね。

作ったとしても使わずにしまっておくと思います。

Img020_2 Img031

左の半襟は平銀が使われていますが変色して黒くなっています。

右の紗の半襟は花の中心に使っている黒糸を裏で飛ばしているのが

透けて見えます。 この二つはけっこう荒っぽい刺繍です。

Img018 Img034

これはグレーの絽縮緬の半襟です。 やはり盛夏用の平絽のものより

単衣の時期に使える絽縮緬の半襟のほうが数が多いです。

左の流水の模様はまねしたいなと思いました。

Img029 Img030

さて真打登場です。 私はこの半襟が一番のお気に入りです。

同じ半襟の左と右ですが、左は柳に親ツバメ 右は子ツバメ

でしょうか。 一羽 一羽 表情の違うツバメがみごとです。

1センチにも満たないツバメたちですから下絵などあってもほとんど

フリーハンドに近い刺繍だとおもいます。 昔の職人さんの仕事は

かなり雑なところもあるのですが、こういう仕事を見せられると脱帽です。

これこそもったいなくて使えません。 こういう着物のおしゃれこそリュクス

というものですね。

2008年10月24日 (金)

美しい刺繍の小物 Ⅱ ~半襟編 ③

 今日は黒の半襟です。 母の実家にあった半襟の中には黒の半襟が

数多くありました。 これは祖母の好みだったのか、当時の流行を反映した

ものか、はたまた汚れが目立たないという考えがあってのことなのかは

わかりません。 未使用のものも多くやっぱりいざとなるとなんかもったいなく

なってしまう気持ち私にもわかります。 持ってるだけで幸せというのもいいけど

やっぱり生かして使わなくてはねthink

Img012 Img014

Img015 Img017

Img016 黒の半襟は素敵に使いこなせれば

おしゃれ上級者でしょう。ピンクの

グラデーションの梅の半襟などは若い

お嬢さんがつけたらかわいいですよね。

ピンクから黒のグラデーションなんて

ちょっと私には思いつかないかも。

こういう単純な図案はまねしやすい

ので色や花の種類をかえればいろいろな

バリエーションができそうです。

例えば桜やもみじのグラデーションなども

いいかもしれません。 黒の半襟の生地は

すべて鬼シボに近いシボの大きい縮緬です。

 一種のストレッチ生地といってもいいくらい

のびる生地ですので、これもまた楊柳と同様にけっこう刺繍しにくい生地だと

思います。 でも半襟なんかさらっと刺しましたという感じが伝わってきます。

私なんていつも刺繍台の前で脂汗かいてるのにcoldsweats02

2008年10月21日 (火)

美しい刺繍の小物 Ⅱ ~半襟編 ②

前回に続き 刺繍の半襟です。 前回の写真からカメラでなく

スキャナーに直接半襟をのせて 画像を取り込んでいます。

これだと安定した画像になって見やすくなりました。 

今日は楊柳の半襟です。 楊柳というのは横糸に強撚糸を用いて

たてしぼを出す織物のことでわかりやすくいうとクレープです。

半襟としてはさらりとした感触なので麻や絽の生地で夏物として使われる

ことが多いですが、薄物でない楊柳は真冬以外ならいいと思います。

いや真冬でもいいのかな ちょっとわかりません。 

Img010 Img011_2

この二枚の半襟はかなり凝った刺繍です。 左の 絞りのように見える

匹田もそうですがもみじも横に渡した糸を互い違いにとめてちょっと

畳のような感じになっています。菅縫いでもなくむしろ縫いでもない

縫い方です。 右側の半襟も 非常に細かい菅縫いです。これなどは

紋入れをする職人さんの手によるものではないかと思います。

私は楊柳生地に刺繍をしたことはないのですが、シボがあるのでかなり

むずかしいはずです。  縫い方も摩擦に強い技法が使われていて

実用に耐えるものです。 ちょうど今頃の季節にさらりとした

大島紬などに合わせるとすてきだとおもいます。

Img013 Img025

左のグレーの半襟はなんとも渋いですね。 こういう半襟をサラリと使える

おばあちゃんになりたいです。 右は夏物です。 汗じみができていますので

お気に入りだったのかもしれません。 夏の着物は最高のぜいたくですが、

後始末も含めてたいへんなので私はここ何年も夏に着物は着ていません。

あらためてまた着物を着たくなってきました。

2008年10月11日 (土)

美しい刺繍の小物 Ⅱ ~半襟編 ①

 金木犀の香りとともに秋がやってきましたね。いよいよ着物の季節

到来です。 今日は母の実家にあった刺繍の半襟をお見せしようと

思います。 一回目は子供の半襟です。 少し刺繍の技法の解説なども

加えてみようと思います。Img008

薄いピンクの縮緬に白い菊と赤い菊が刺してあります。

細い白のより糸で花びらはたてなりに中心は抜きになんかさくさくと

縫ってあります。 ごまつぶのように散らしてあるのは平銀の細い

もので裏を見るとなるべく裏糸が長くならないように散らしているの

ですが、けっこう3センチくらいも飛んでいるところがあったりして

昔の職人さんはけっこう大胆です。 赤い菊の花は白いより糸を放射状に

縫った後 間を赤の平糸でうめています。 これは簡単でかわいいので

まねしてみようかと思います。

全体にあっさり刺してあって半襟は所詮消耗品ですし、ましてや子供のもの

ですから、ささっと刺しましたという感じです。

Img007_2 

これは絽縮緬地に橘の模様です。 こちらの方が少し手が込んでいます。

金糸も使われていて 初夏の礼装用でしょうか。 ほんとに限られた時期

にしか使えないものですね。

Img009

これはなんの花でしょうか、植物音痴の私にはちょっとわかりません。

着物の端切れにさしてあります。 これはだれか素人が刺したもの

かもしれません。 

戦争中母の実家には遠縁のつてをたどって刺繍の職人さんが疎開して

いたんだそうです。 たぶんその人が刺して置いて行ったであろうような

着物の端切れになんにするでもなく刺繍された生地があります。

~贅沢は敵~などと言われた時代に腕をなまらせないための練習だったの

ではないかと想像するのですが、、、、、、

2008年10月 1日 (水)

中国茶の裏側

 中国茶についてはこのブログでお話しするのはやめようと

思っていたのですが、今回の台湾旅行でどうしてもお話ししておきたい

ことができてしまって 中国茶のカテゴリーを設けてみました。

刺繍のブログのはずが脱線ばかりでごめんなさい。 興味のない方は

パスしてください。

 中国茶とのつきあいはじつは日本刺繍よりも長く十数年前からになります。

そこから話していると長くなってしまうので今回の旅行で出会ったお茶について

ちょっとというか、たいへん気になったことがあったのでそのことだけにしますね。

考えるところがあって ここ三年ほどほとんど中国茶からはなれていたのですが

やはりみんなお茶を買いたいということだったので、「和昌茶荘」と言うお店に

いきました。 このお店ははじめてで、後で知ったことですが、日本人の間では

たいへん有名なお店だそうです。

 ここで買ったお茶が問題なんです。 私は金萱茶と言うお茶が好きです。

このお茶はミルクのような香りがすることで知られているお茶ですが茶芸館で

飲んだ金萱茶にはっきりとした乳香がしたことに違和感を感じていました。

 和昌茶荘で買ってきた 金萱茶の真空パックを開けて鼻をつっこんだとたんに

謎がとけました。

キャラメルのようなニオイがしたんです。  これニオイをつけているんです。

あきらかにこれって食品偽装でしょう。 こういうことは結局自分たちの首を

絞める行為だと思うんですけど。 一事が万事と思われてもしかたないですよね。

 こういうことは日本人がまだあまり中国茶のことを知らかったときには起きな

かったことだろうと思います。 ミルクの香りがするといったってそれはお茶の

香りの奥にほのかに感じられるもので、バニラで香り付けしたフレーバーティー

なんかとはまったくちがうものです。 

 金萱茶というのは品種改良の末に生まれた比較的新しい品種です。

これを茶農家が自分の茶畑で栽培するとして 純粋な金萱種を他の種と

隔離して守ることはかなり難しいことだと思いますね。

植え替えをして すぐはいいでしょうけど、そばに別の品種があれば花粉は

風で飛んできて勝手に交配してしまいますから。

そういうこともあって強くは金萱茶の特徴がでないことも出てくると思い

ます。 そこにちょっと知識を持った日本人が ~このお茶はミルクの香りが

するのよね~などと期待してやってくると期待はずれということもあるかも

しれません。 じゃあニオイをつけちゃえばいいじゃないかということに

なってしまったのではないかと想像するのですが。 そんなにはずれて

いないと思います。 これは今回飲んだ金萱茶のすべてがそうでしたから

この「和昌茶荘」だけの問題ではないですね。

金萱茶と同じように特徴的な香りを持ったお茶に 黄金桂というお茶があります。

これなどもペットボトルの「金のウーロン茶」として日本人にしられていますから

要注意かもしれません。 お茶のパックを開けてすぐニオイをかいでみてください。

花の香りがしたらそれは後からつけた香りです。 茶葉の状態で花の香りがして

いいのはジャスミン茶だけですからね。

私が中国茶の勉強を手探りではじめた十数年前は すばらしいお茶もあれば

パッケージだけ立派なひどいお土産品まで落差がはげしかったのですが、

最近はあまりひどいものはなくなったかわりに中途半端に知識を持っていることで

かえってだまされてしまうということも起きるかもしれません。 

今は良いお茶も茶器も昔ではかんがえられないくらい高価になってしまっています。

特に台湾は日本と同じで茶農家も後継者不足ですから、ほんとうに良いお茶は

安いはずはありません。  高いお金を出してもいいお茶が飲みたいと思ったら

信頼のおける日本人のバイヤーが直に農家から買い付けたものが一番安心

かとおもいます。

今回のことをきっかけにまたもういちど中国茶の勉強をやり直してみようかと

思い始めています。 すこしづつブログでもお話しさせていただきますね。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ