« 純国産絹 京都三人衆 ~可能性への試み~ | トップページ | ゴールドワーク »

2008年11月23日 (日)

古渡り更紗

 上野毛の五島美術館 古渡り更紗展に行ってきました。

おばさんのひとりごと きぬえさんのお誘いです。

更紗大好きのくせにあやうく見逃すところでした。

五島美術館はこじんまりとしているのでじっくり展示物を見るには

最適です。 やっぱり更紗って素敵。 今私が感じているように

きっと江戸時代の人たちも感じていたんだろうしきっと未来の人たち

も同じように感じるのではないかしら。 なんか永遠の異国情緒とでも

言ったらいいかしら、きっと色あせないと思うのです。

更紗はどんな端切れも大切に袋物に仕立てられたり、生地見本として

うつくしい裂帖に仕立てられて残されています。

またここにも大好きな袋物がheart04

煙草入れが一番多かったでしょうか、江戸から明治にかけての男性の

おしゃれ~ダンディズムですね。

袋物というのは明治以降素材や装飾法などの規制がなくなったことから、

あらゆる素材工芸が取り入れられて、袋物商の主人や番頭はそれらに精通

したそうとうの目利きでなければつとまらなかったそうです。 いまでも銀座には

そのころから続いている老舗袋物屋さんがありますよね。

もうひとつ ミニチュア裂手鑑が目をひきました。これまた私の大好きな

ミニチュアではありませんか。 図録を読んだところこれはただものでは

なさそうです。 稀代のミニチュア工芸職人 小林礫斎 作だそうです。

この方のミニチュアは たばこと塩の博物館で見ることができるそうです。

行かなくちゃdash こんな方がいたなんてしらなかったわ~typhoon

そういうわけで ほんとに大満足でした。

満足といえば ランチをいただいた四川料理 吉華 もおいしかったし

五島美術館のお庭の散策も気持ちよかった。 そしておしゃべり 食べながら

歩きながら 買い物しながら 常にしゃべっていたおばさん二人、玉高のヴィトン

の店員さんも引いてましたね。 

この楽しいデートの詳細は おばさんのひとりごと に丸投げします。

だって私が書くより写真も文章もgoodです。

« 純国産絹 京都三人衆 ~可能性への試み~ | トップページ | ゴールドワーク »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

おばさんのひとりごとも拝見しましたよ~happy01
とーっても楽しそうですねnote
ミニチュア工芸職人という人がいたんですね!なんかびっくり。
異国への憧れか~。
どこにでもいける現代、それはちょっと薄れてきてるのかもしれませんね。。。
でも、古いものへの憧れが大きくなってきてるのかも。

typhoonahbonさん、
ahbonさんのレポ拝見すると、
やっぱり、ちがう~!、ヽ(^o^)丿
さすがです、、、m(_ _)m

でも、ほんと~に、たのしかったですね~♪
また、ごいっしょしてくださいませ~、(^-^)

pencilノブ様
今でも 更紗は作られているわけだけどなんか昔のものは
素敵なんですよね。 それって単にふるさびた味わいがあるって
だけじゃないもの現代人が失っちゃった感性なんでしょうけど。
ミニチュア工芸職人ってなんか興味わくでしょ?とんでもない
おたくな変人を想像してるんだけど、近いうちに確認してきます。

pencilきぬえ様
私のところを通過してきぬえさんのファンが増えそうですよ。
リンクなんとかやってみたんだけど、コピーができなくて
いちいちアドレスを打ち込んでいるのでかえってたいへんです。
写真とともに今後の課題だわ。

typhoonahbonさま、
左上のリンク先の窓に、"http://"と予め入っているので、わたしは、
まず、それを、消してから、貼り付けてます、
いちど、お試しを、、、(^-^)v

ahbonさん、私も同じココログですから
リンクの方法は同じだと思いますのでやってみてください。
1.リンクさせたいURLを予めコピーしておく
2.リンクしたいところをドラッグする→色が変わります
3.左上のLinkをクリック→このWebサイトはスクリプトされた~
  というメッセージが出ます
4.そのメッセージをクリック→一時的に許可というメッセージが出ます
5.再度左上のLinkをクリック
6.ユーザープロンプトという入力バーが出ますので、
  そこにコピーしておいたURLを張り付けてOKを押せば完了です。
7.ちゃんとリンクができていれば確認で見ることができます。
是非挑戦してみてください。

pencilきぬえ様 kaoru様
手間のかかるおばさんですいません。
やってみますcatface

きぬえちゃん、これでいいのかしら?今日は旦那さまが北海道出張で時間ができました。上田のパパ・オルソの名前が出ていてビックリしました。これで正解のブログならグッドですが・・・・・

pencilたつのくん様
はじめまして、きぬえさんのお友達ですか。
また遊びに来て下さいね。

ごめんなさい。突然飛び込んできて、さぞビックリなさったことと思います。許して下さい。正直ブログというものがよく理解できておりません。きぬえちゃんに電話して確認してみます。みなさんの素敵な生活読ませていただきありがとうございました。本当に失礼致しました。できたら又よろしくお願い致します。

pencilたつのくん様
きぬえさんから聞きました。 上田にお住まいとか。
これも何かのご縁ですね。
こちらこそ よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516971/25579630

この記事へのトラックバック一覧です: 古渡り更紗:

« 純国産絹 京都三人衆 ~可能性への試み~ | トップページ | ゴールドワーク »

最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ