« お母さんのきもち | トップページ | 韓国列車の旅 ② »

2009年5月 7日 (木)

韓国列車の旅 ①

ゴールデンウィークに韓国の釜山と慶州に行ってきました。

今回は鉄道で旅することが目的です。一日目は夕刻 釜山に着いて

釜山観光です。

Img_0922

釜山は韓国の大阪と呼ばれているようにソウルに次ぐ大都市で地下鉄も

3路線走っています。 人口密度とその活気にはびっくりです。

山側の景色を撮影できなかったのですが、斜面が住宅でみっしり埋め尽くされ

ていて壮観です。 朝鮮戦争(韓国の人は韓国戦争というみたい)の時に

臨時政府の置かれた釜山では北から追われてきた人たちで人口が爆発して

住まいはどんどん山の上につみあげられていったんだそうです。

Img_0926_2

魚市場のジャガルチ市場は採れたての魚介類の水槽の間にテーブルとイスが

置かれていてその場で食べられるようになっています。 こんなにたくさんの

海の幸を一度に目にしたのははじめてでした。 まあ市場だからあたりまえだけど

ちょっと採り過ぎてやしないかと心配になるくらいでした。

Img_0932

翌日はセマウル号にのって韓国の古都慶州へ。

セマウル号というのは在来線の特急で新幹線KTXができる前は

釜山~ソウルを最速で結ぶ鉄道でした。

Img_0930

海雲台駅からセマウル号に乗り込みますが、韓国のプラットホームは

低いので乗るときにステップを登らなくてはいけません。

それと改札も検札もないのにはびっくり。

指定席の空いているところに誰か座っていないかだけをチェックするように

なっているようです。

Img_0935

セマウル号の車窓から写した海雲台海岸です。 高層マンションの立ち並ぶ

足元に白砂青松の美しい砂浜があるという日本ではあまりみない風景です。

真ん中にみえる低い建物が今回泊まったウェスティンチョースン プサンです。

海雲台海岸はよく整備されたキレイな海岸で、昔は新婚旅行のメッカだったと

いうことがうなづけます。

慶州駅まで2時間ほどの列車の旅です。 途中しばらくは海岸線を走ります。

母のふるさと西伊豆の風景とどこが違うかといわれるとちょっと困るけど

似ているなつかしいような風景の中にふと現れる異国的な建物やハングル文字

など見ているのが好きです。 途中でのりこんで来る地元の人たちを観察したり

騒いでいる子供たちをみて子供ってどこの国でもおんなじだなと思ったり、、、

そんなことが、名所旧跡を見て周るより楽しいんですよね。

車なら一時間ほどで着くところを2時間ほどかけて慶州に到着しました。

« お母さんのきもち | トップページ | 韓国列車の旅 ② »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさーい♪
今回も食い倒れでしょうかhappy02
続き、楽しみにしています☆

おかえりなさい♪
列車の旅って、いいですね~!、(*^。^*)
前に一度、船で釜山に行き、市場で、魚をあれこれ見繕ってもらい、
上の食堂で戴きました、、、
韓国の裏通りとか、ちょっと、ワクワク、どっきドキでした、(*^。^*)

韓国が好きなのですね。旅行いいな~。
GWは日本刺繍してました。
きものの試験駄目そう。
先生にもスゴイ怒られ仲間からも怒られ嫌になってきた。
全然わからないし。
会社も早退するのも大変。ぶーぶー言われるし。
今まで意識を持たなかった自分が一番いけないんだけど。

pencilノブ様
今回は鉄道メインで食事の方は気合が入っていませんでした。
ウォン安でどこにいっても日本人がいっぱいでしたよ。

pencilきぬえ様
釜山はとにかく活気のあるところで 男性二人が殴りあうシーン
を目撃して気分が悪くなりました。 生の暴力って正視できないものがありますね。 今度は船旅もいいな~と思っています。

pencilねこ年様
何事もプロになるのはたいへんですね。
ここが我慢のしどころかも。
投げ出すことはいつでもできるから。
てなこと言っていつもすぐ投げ出したくなるahbonです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516971/29483625

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国列車の旅 ①:

« お母さんのきもち | トップページ | 韓国列車の旅 ② »

最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ