« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の投稿

2009年10月21日 (水)

ローカルアイスパラダイス

 もしかして 九州ってご当地アイスクリームの宝庫かしらspa

ハーゲンダッツの新製品はダイエット中でも必ずチェックする私ですが、

実はリッチなアイスクリームよりもコンビニや駄菓子屋などで売っている

棒つきのアイスが大好きpig

佐賀県出身 ふくさ屋日記のノブさんが教えてくれた ブラックモンブランに

興味津々。ブラックモンブランは佐賀県の竹下製菓の人気商品 

なんと佐賀逸品館というところでお取り寄せ可能。

しかしファミリーパック 3490円也 (送料別) これはいつか佐賀県に行った

時のお楽しみということにしておこうかな。 しかしこの中にはミルクックも

入っているし。 こんなことで激しく悩む私って。

「無駄がなければ不足もない」という言葉はいったいどこいったんだcatface

その他のノブさんのおすすめは きなこもち。

このきなこもちアイスの製造元 丸永アイスのホームページをノブさんに教えて

もらってさっそく行ってみました。 九州のアイスクリームといえばしろくまが有名

だけど他にもおいしそうなアイスがいっぱい。

     B_1106 B_1717_2                                  

B_1108_2         B_1723           

Kasuterabar Mitarasibar2

きなこもちは バニラアイスの中にお餅が入っていてきなこでコーティングして

あるんだそうです。 おいしそうlovely

カステラアイスとみたらし団子は秋冬限定商品。 う~ん 限定に弱い私。

なんとかお取り寄せできないかと思ったのですが、今のところネット通販はして

いないそうです。 ある意味よかったかも。

 肉まんハンティングの次は 九州一周 ローカルアイスの旅を妄想中ですtrain

     

2009年10月19日 (月)

無駄がなければ不足もない

Waste not, want not

これはアメリカ版 もったいない だそうです。 日本語にすると

「無駄がなければ不足もない」。

時々気がつくと見ている NHKの 「猫のしっぽ、蛙の手」で ベニシアさんが

言っていた言葉です。  耳にも心にも イターイshock 

世界大恐慌のころのアメリカではよく知られていた諺だそうですが

それにしてもにアメリカって全然懲りてない。

私だっていつも 物も時間も無駄ばかりなのにまたあれもこれもとほしくなる。

やりたいことだってリストが作れるくらいl。 わたしだって全然懲りてない。  

無駄を出せば、懲りて物を増やさなくなるのではなくて 無駄を出さない生活を

こころがければ自然に不足は感じなくなるものなんでしょうね。

「足るを知る」ということなんでしょうけど、浪費家の ahbonに は一生無理

かもしれません。

2009年10月14日 (水)

D-CLIPS

Img_1327

姉がみつけて買っておいてくれたD-CLIPSは動物型の

ゼムクリップです。この他にもいろんな仲間がいます。

ミドリカンパニーはユニークな文房具メーカー、 D-CLIPS以外にも

かわいくてちょっと心がほっこりするものからビジネスマンにも役立ちそうなものまで

揃っています。 またネットショッピングしてしまいました。

お気に入りはミドリカンパニーの人気キャラクター オジサンシリーズ、なんとなく

哀愁のあるオジサンがいろんなグッズになっています。 来年の予定表は

オジサン柄で決まりです。 どんなキャラクターか知りたい方は ホームページの

「オジサンの小部屋」にいってみてください。

ミドリカンパニーの生み出す文房具はシンプルでシャープなデザインというより

どことなくほっとするデザインのものがほとんど。

消耗品のゼムクリップだけど、ささやかな贅沢ですwink

2009年10月 6日 (火)

オーレな午後

 今さらなのですが、シルバーウィーク最終日のお話しです。

長野県の上田市で サロン・デュ・リエールというリラクゼーションのサロン

をやっている姪のフラメンコの発表会に行ってきました。

東京生まれ、東京育ちの姪は小学生の時に松本市に父親の転勤で引越し

て以来信州に居ついてしまい、今は上田市に住んでいます。

長野新幹線に乗って 姉とふたりでおしゃべりしているとあっという間に上田に

到着です。  ランチは姪のおすすめのイタリアン パパ オルソ

Img_1303

今は地方にもすばらしいフレンチやイタリアンがあってどこにいっても

おいしいものがいただけて、しあわせです。  もっとも上田ならほんとは

やっぱりお蕎麦だったかも。  

Img_1300

この イカとドライトマトのパスタはソースにイカのわたがはいっていて

ドライトマトも自家製らしくおいしかったです。

姉と二種類のパスタを分けていただいのですが、半分ずつをきちんと別々の

お皿で出してくれて食べ終わったころにまた次の熱々のパスタが運ばれてきて

感激しました。

フラメンコの開演までまだ時間があるので パンがおいしいという北欧雑貨の

お店 haluta をのぞいてみました。

Img_1304

国産小麦でていねいに焼かれたパンはどれもおいしそう。 お昼を食べた

ばかりだというのに あれもこれもと買ってしまいました。

お店の二階には北欧の雑貨を中心にシンプルで使い勝手のよさそうな

小物がいろいろ。 haluta は渋谷にも店舗があるようです。

Img_1307

さていよいよフラメンコです。  プロのミュージシャンの生演奏のため

ライブハウスの中は撮影禁止ということで 開演前に外で記念撮影。

こんな風な衣装を何回も着替えて踊ります。 それだけでも楽しそうですが

姪は五種類くらいのダンスの振り付けを覚えなくてはならず、毎日 運動部の

部活のようなハードな日々だったようです。  

ライブハウスのような狭い空間でフラメンコを見るのははじめてであっという間

の2時間でした。  なんだか私の中のラテンの血が騒ぐspa オーレな気分で

外に出るとそこは夕方の人影もまばらな商店街。 一気に主婦に戻った

老姉妹はそそくさとお土産などを買い込んで家路を急ぐのでした。 オーレッcatface

2009年10月 3日 (土)

肉まんハンター

おばさんのひとりごとのきぬえさんを誘って元町・中華街ツアーに

行ってきました。 きぬえさんをスワニーに案内すると見せかけて

実は私の目的は中華街肉まんハンティングだったんです。

Img_1323

国慶節の中華街はお祝いのパレードの真っ最中、爆竹とどろく大通りを避けて

関帝廟通りの愛群で腹ごしらえ。 ここは牛バラの煮込みで有名なお店です。

トロリと煮込まれた牛バラは中華コンビーフといった感じです。 チャーハン

もデザートの杏仁とうふもなかなかでした。 

それからスワニーでまた生地を買い込んで、元町でティータイムの後 いよいよ

本日のメインイベント 肉まん狩りです。

実は先月久しぶりに中華街に来て太湖の肉まんを買って帰ろうとしたらお店が

なくなっていてびっくり。 ネットで調べたところすでに閉店しているけれど太湖は

華正楼と同系列なので華正楼の肉まんがほとんど同じ味なのだとか。

それを確かめるついでに他にもいろいろ肉まんを買って食べ比べてみるつもり

です。

今回買ったのは 華正楼・皇朝・耀盛号 の3軒 肉まん狩りというわりには

少ないですが、やる気はあってもずっしり重い肉まんをそれ以上もてなかった

というわけです。 残念full

それでもその他に中華材料やらチャーシューなども買い込んで両手に荷物を

抱え込んでいるよくばりおばさんの私をきぬえさんが笑いながら写真に撮って

いました。  そのまま帰る気力がなく 悟空茶荘でしばしまったりしてから

やっと帰宅いたしました。

さて肉まん試食の結果発表です。

結論からいいますと、私は太湖と似ている華正楼が好きです。 ちょっと甘めの

味付けで竹の子の食感がいい感じ。 太湖の方がもっと肉がたっぷりだったし

ねだんも50円くらい安かったような。

耀盛号のアマーの肉まんは個性的な味、黒きくらげがコリコリしておいしいです。

ここの八珍きのこまんもカロリー控えめでいいかも。

皇朝は世界チャンピオンの店とか宣伝が派手ですが一口サイズの90円の

肉まんは安いけれども生姜のきいた醤油味が悪くありません。

私の肉まん狩りで一日振り回してしまって、きぬえさんお疲れ様でした。

今度はもっと優雅でセレブなツアーをしましょうね。   無理かなcatface

肉まん以外の情報はおばさんのひとりごとで見てねwink

愛群の牛バラ丼の写真を見たら中華街に飛んでいきたくなりますよgood

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ