« 乾隆帝の幻玉 | トップページ | 金沢 小松弥助 »

2010年4月 3日 (土)

レンピッカ展

Img107_3

タマラ・ド・レンピッカ (1898~1980)はワルシャワの良家にうまれ、ロシア

貴族のレンピッキ伯爵と結婚、ロシア革命によりパリに亡命、「狂乱の時代」と

呼ばれた1920年代のパリで独特の画風とその美貌で注目された女性です。

一度見たら忘れられない強烈なまなざしと質感。 Bunnkamura 学芸員の

宮沢政男さん曰く 「筆跡のない金属的な光沢を放つ肉体は、大型モーターバイク

のように官能的だ。」 なるほどうまいこというな~

今回はパリ時代だけでなくその後の作品もたくさん展示されていましたが、私は

パリ時代に描いた娘 キゼットの絵や夫であるレンピッキ伯爵を描いた絵が好き

です。 特に離婚寸前の夫を描いた<タデウシュ・ド・レンピッキの肖像>を見て

思わず一目ぼれ、まだティーンエージャーのタマラが幾多のライバルを蹴落として

結婚しただけのことはあるな~  離婚寸前だったので結婚指輪があるはずの

左手だけが未完なところも意味深です。 「私の絵はどれも自画像なのです。」というだけ

あって自分と深くかかわった人、家族や愛人(女性)などを描いた絵が特にいいです。

元祖 肉食系女子のタマラ 写真のタマラはグレタ・ガルボやマレーネ・デートリッヒ

のように美しいです。 今回はイヤホンガイドをかりました。 夏木マリさんの

ナレーションがいいですよ。 

余談ですが、タマラのパリ時代はアールデコの時代、前回ご紹介した本

「乾隆帝の幻玉」の中国民国期と重なります。 そして日本といえば

大正ロマンの時代。  なんかこの時代の文化に吸い寄せられる私です。

« 乾隆帝の幻玉 | トップページ | 金沢 小松弥助 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

これ、観に行こうと思ってたんです~!
わたし達世代には、パルコのCMとして強烈な印象ですよね、、、
(*^_^*)

pencilきぬえ様
一足お先に見てきましたよ。 私実はパルコのCMは
あんまり印象にないの。 図録を買いましたのでよかったら
お貸しします。 CMを手掛けた石岡瑛子さんが最晩年の
タマラに取材した時の話がおもしろいよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516971/34027766

この記事へのトラックバック一覧です: レンピッカ展:

« 乾隆帝の幻玉 | トップページ | 金沢 小松弥助 »

最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ