映画・テレビ

2009年7月18日 (土)

映画 ハゲタカ

Img_1136

ハゲタカなのになぜパンなのか。

おばさんのひとりごとのきぬえさんから映画のお誘いがあったんです。

映画 ハゲタカはNHKの土曜ドラマで数々の賞を受けたドラマハゲタカの続編

きぬえさんは熱烈なハゲタカファンというか主人公の鷲津ファンなのです。

どうしようかthink  経済と政治は私の中で空白地帯なのです。

しかし植物音痴であった私が突然園芸に目覚めるという奇跡が起こったばかり。

もしかするとこれを機に経済に目覚めるなんてことが起こらないとも限らない。

それを知ってか知らずか、シネコンのロビーにあらわれたきぬえさんは

焼きたてのコナパンを持って来てくれました。  まずはロビーで試食。

まだあたたかいコナパンのおいしいこと。 誰かにおいしいものをつくって

あげる喜びというのもいいけど、私のために誰かがおいしいものをわざわざ

作って持ってきてくれるってなんて素敵shine  きぬえさん ありがとう。

映画はドラマを見ていなくても楽しめました。 内容もなんとか理解できましたよ。

きぬえさんによれば、鷲津さん(大森 南朋)はだいぶ老けちゃったそうですが

充分素敵でした。 映画は経済のグローバル化 リーマンショック 世界同時不況

雇用不安、、、など現在進行形の経済問題そのものです。

NHKドラマ ハゲタカの公式ホームページでは ハゲタカ経済キーワードという

ページがあってむずかしい経済用語を説明してくれています。

斜め読みしましたsweat01  さ~ あなたはいくつわかるかな?

 バルクセール 資産流動化 ホワイトナイト ゴールデンパラシュート 

 プロキシーファイト エンプロイーバイアウト ターンアラウンドマネジャー

 コストカッター

 ahbonが経済に目覚める?日も近いかもcatface

 

2009年4月17日 (金)

花の生涯 ~梅 蘭芳~

Img081

またまた映画の話題です。 梅 蘭芳(1894~1961) という人は 京劇の女形

の芸を確立した名優で、来日するたび観客、特に歌舞伎界をはじめとする演劇人

に強い影響を与えたことでも知られています。 同じ京劇を題材とした「覇王別姫」

で、カンヌのパルムドールを受賞したチェン・カイコー 監督が再度 京劇を題材に

した映画です。 今回はじめて知ったのですが、京劇の「覇王別姫」というのは

梅 蘭芳が創作、上演した演目なのだそうです。 実在の人物が主人公だと

映画 「覇王別姫」のようなスケールやドラマチックなストーリーにするわけにも

いかないせいか、なんかもうひとつ面白くないです。 前半三分の一で若き

梅 蘭芳 を演じるユィ・シャオチュンという人が美しいです。 結局見所はそこだけ

といったら言い過ぎかしらcatface  レオン・ライやチャン・ツィイーといったスターを

起用しないとなかなかお客を呼べないというのはわかるんだけど。

日本軍の軍人役で 安藤政信も出ていますがどう見てもその当時の人間

ましてや軍人には見えません。

梅 蘭芳の舞台は映像が残っていて今でもいくつかの作品は見ることができます。

数ヶ月前にNHKBSで 最後に来日した時の「貴妃酔酒」の白黒の映像を

見たのですが、正直どこがすごいのかよくわかりませんでした。 孫悟空のような

派手な立ち回りのあるようなものは理屈抜きに楽しめますが、女形の芸の

細かいところまではちょっと理解できませんでした。

映画はまだ新宿ピカデリーで公開中です。

 

2009年4月 9日 (木)

刺青奇偶~いれずみちょうはん~

Img079_2

久しぶりのシネマ歌舞伎 です。  刺青奇偶は夫婦愛の物語です。

作者の長谷川伸 という人は若い方はなじみがないと思いますが、

~股旅もの~というジャンルの創始者で 大衆文芸という日本人の

心情にダイレクトに訴えかけるエンタテインメントを確立した人でも

あります。 「瞼の母」や「一本刀土俵入り」など 歌舞伎よりも新派や

新国劇または大衆演劇など多くの舞台で繰り返し演じられています。

その回数はミュージカルのロングランなど比べ物にならないほどの回数

です。 ある年齢以上の人でないと股旅ものなどといってもピンと来ない

でしょう。 ビートルズ世代である私の年代でも関心のある人は少ないと

思います。 昔 日本人なら誰もが常識として知っていたストーリーや登場人物

例えば源氏物語であるとか忠臣蔵とかは若い世代にとっては宮崎アニメの

ストーリーや登場人物などに代わっていくんでしょうね。

話しは脱線してしまいましたが、 まだ上映していますので是非ごらんください。

素直に泣ける物語ですよ。 またリンクがうまくできないので シネマ歌舞伎 または

刺青奇偶で検索してください。

2008年11月11日 (火)

マルタのやさしい刺繍

Img042 ひさしぶりの刺繍映画です。

銀座まで行ってきました。 スイス映画です。 

多くの公用語が存在するためなかなか

1つの映画がヒットするということがむずかしい

スイスで観客動員数No1に輝いた作品です。

監督はまだ30代の女性で主人公は4人の

おばあちゃん、いや遅咲きの乙女です。

映画館は中高年の女性がほとんどでしたが

老夫婦の姿もちらほら、奥さんに連れて

こられたんでしょうか。 なんかほほえましいです。

 いい映画でした。 

観終わって映画館が明るくなった時の雰囲気がそれを物語っていました。

私もきっと明るい顔をしていたとおもいます。 

 スイスの小さな村、トループ村に住む80歳のマルタは最愛の夫に先立たれて生きる気力

をなくした日々を送っていた。 そんなある日クローゼットにしまいこんでいた箱を開いたことで

忘れていた若かりしころの夢を思い出す。 彼女はすばらしい手縫いのランジェリーをデザイン

して縫うことのできる職人で自分のお店を持つことが夢だったのだ。 マルタは3人の友人と

ともに夢の実現に向けて動き出す。 しかし保守的な家族や村の人たちはランジェリーショップ

など破廉恥だと大騒ぎ、、、 けれどマルタとそれぞれに自分の足で着実に歩き始めた

おばあちゃんたちにまわりの人たちもじょじょに心を開いていく。

 マルタの成功の鍵となるのが、この村の伝統的な模様をワンポイントで下着

に刺繍したことと、ネットショップなんです。 私のまわりでもネットショップを

実現させた方たちがいるので、なんだかマルタのネットショップがヒットした

時には自分のことのようにわくわくしました。 そういえば昔スイス製の高級な

刺繍のハンカチってあこがれでしたよね。

 maple 縫い残した未来が輝きはじめる

映画のキャッチコピーを拝借しました。 私も縫い残した未来を少しでも縫い進め

ようと心にちかった午後でした。

2008年8月12日 (火)

カンフー映画

 実は私、カンフー映画ファンです。 なんだかカミングアウト

してるみたいな雰囲気ですが、ブルース・リーから始まって、

「少林寺」の リー・リンチェイにどっぷりとはまりました。

後にも先にも 映画の初日舞台挨拶というものに行ったのは、

この方の映画だけです。 リー・リンチェイのアクションは芸術です。

目にもとまらぬ速さで繰り広げられる武術シーンもいいのですが、

ゆっくりとした太極拳をやってみせたときには、つくづく美しいと

思いました。 ハリウッドに行って、ジェット・リーになってからは

映画館にまで見に行くことはしなくなりました。 なんで私の師父が

ジェットなのさ、ジャンボ尾崎じゃあるまいし、、、、、

しかし今回は見に行かないわけにはいきません。

だってついに ジャッキー・チェンとの競演が実現したんですから。

「ドラゴン キングダム」 カンフー映画というより チャイナファンタジー

です。 二人の競演は15年前と8年前の2回 計画されたものの実現

はしなかったんだそうです。 この映画はすべてのカンフー映画ファンに

対するプレゼントといっていいかもしれません。 映画は主人公の

カンフーおたくで気弱なボストンの少年の部屋から始まるんですから。

この主人公は最後まで影が薄いです。ほんとの主役は JJコンビです

からね。 15年前がだめなら、8年前でもいいからもっとはやく共演して

ほしかったな~。 

あの 特におすすめはしません、見に行ってつまらなくても責任持ち

ませんからcatface

 

2008年6月29日 (日)

ハマのメリーさん

 昨日ご紹介した「ふるあめりか.......」は幕末の横浜が舞台です。

横浜が開港した際に吉原をまねてつくられた港崎(みよざき)遊郭というもの

が今の横浜スタジアムがある横浜公園のところにあってこの物語の舞台

岩亀楼(がんきろう)という遊郭はそのなかでも大店だったようです。

今でも横浜市西区戸部町には岩亀横町というのがあってそこには「岩亀稲荷」と

いうかつて遊女たちの信仰を集めたお稲荷さんがあるそうです。

港崎遊郭は慶応2年の大火で消失したのですが、その時に四百人以上の

遊女が焼死したんだそうです。当時の遊女には外国人専門の「唐人口」といわれる

遊女たちがいて、それは遊女たちが最後におちゆく先といったものだったよう

です。 「ハマのメリーさん」とか「ヨコハマメリー」と呼ばれていた伝説の街娼を

ご存知でしょうか。 唐人口という言葉を聞いたときに私はこのメリーさんを思い

出してしまいました。メリーさんはさしづめ昭和の唐人口といってもいいかもしれません。

いろいろな伝説や噂にいろどられたメリーさんは、2005年に亡くなったあと

ドキュメンタリー映画にもなったので見たかたもいらっしゃると思います。

私はいちどヨコハマのデパートでこの方と遭遇しています。 一度みたら忘れられない

白塗りの老女は伝説の人でもなんでもなく、ただただ いたましい限りでした。

きっとメリーさん本人は写真にとられることも自分が伝説になることも、そして死後

に映画が作られることもどうでもよいことだったろうと思います。

「ふるあめりか....」で行く末を悲観して自害した遊女 亀遊 が攘夷派の都合の

いいように烈女に祭り上げられたように、私たちもメリーさんに勝手な物語を

投影しているだけなんですから。

シネマ歌舞伎のおすすめ

 シネマ歌舞伎「ふるあめりかに袖はぬらさじ」見てきました。

うっかりしていたら上映の最終日になっていてその最終回に

ぎりぎり間に合いました。 いや~間に合ってよかったです。

シネマ歌舞伎をみるのは今回で2回目で、前回は玉三郎 菊之助

で「二人道成寺」でした。これですっかりシネマ歌舞伎にはまっちゃい

ました。そりゃあライブがいいには決まってるけど、歌舞伎の昼 夜

の公演って必ず見たくない演目もあって狭い歌舞伎座の座席でそんなもの

みせられるの苦痛ですよね。 しかもライブはあたりはずれもあるしね。

その点このシネマ歌舞伎というスタイルは見たいものだけ、見たい時間に

2000円でゆったりした座席で見られるんです。 しかもいろいろなアングル

から全体とアップを映画的に自然につなげて見せてくれます。 役者の

表情や衣装の細部はオペラグラスがないとみえませんが、映画だと

凝りに凝った衣装の細部までみることができます。 

今回の「ふるあめりか......」に関しては昨年12月の公演を生で見なかったこと

を心底後悔しましたweep 。  好評だったせいか映画の追加上映決まったようです。

是非映画館に足を運んでください。 今後再演されたとしてもこんな豪華メンバー

での公演はあるとは思えないので生で見た方もそうでない方も見て損はないです。

もともと文学座の杉村春子の当たり役ですが、玉三郎が完全に自分のもの

にしています。実年齢もこの役を演じるのに充分だし、心技体が充実している

今だからこその名舞台になっていると思います。 衣装も凝っていて2月の場面

では縞の着物に白梅を散らして、7月は大雨と波乱を予感させる龍の模様の薄物

衣装をみるだけでも、着物好きにはたまりません。 有吉佐和子の戯曲の力

もあって、歌舞伎の世話物としても成立しています。 なにしろ歌舞伎の役者さん

たちだから芸者姿も芸事もほんものなのよね。シネマ歌舞伎についてはこちらまで

http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/

2008年4月12日 (土)

刺繍映画

 今日は韓国刺繍の続きのつもりでしたが、 久しぶりに映画館

で映画を見たのでちょっとそのお話しです。

私の中で勝手に 「刺繍映画」というジャンルをもうけています。

例えば 「クレールの刺繍」という映画などは刺繍映画と呼んでも

いいでしょう。 他には「下妻物語」も私的には刺繍映画ですし、

韓国映画の「スキャンダル」もそれに入ります。

さて 今日見た 映画は 「王妃の紋章」です。

やたらにお金のかかった映画で衣装がすべて総刺繍と聞いては

見ないわけにはいきません。 もともと 中華圏映画ファンという

過去もあるし。

一言でいうとこの映画のテーマは~物量~です。

金ぴか 極彩蛍光色のてんこもりで悪酔いしそうでした。

シノワズリーなどという言葉などぶっ飛んじゃって もはや

中国なのかいつの時代かもわからないほどです。

たいして節約家でもない私でも つい モッタイナイと

つぶやいていました。 チョウ ユンファも コン リーも

年を重ねて貫禄十分ですが、なにせ物量がsweat01

衣装は見えない部分にまでみっちり刺繍がしてあって

ただならぬ重さだったようです。 いったいいくらかかってるんだろう。

こんなもの作っちゃっていいんだろうか。

マータイさんに叱られても知らないから。

監督のチャン イーモウは北京オリンピックの開会式も

監督するそうですが、また~物量~なのか?

もう 初恋の来た道には戻れないんでしょうね。

ストーリーは有名な戯曲をもとにしているので

普通に作ってもいい映画になりそうだし、脇を

固めている役者さんもいいのに。(特に皇太子がheart04)

エンディングに ジェイ チョウの歌が流れた時は

なんかがくっときました。 ジェイ チョウ ファンに対する

サービスもあるんだろうけどこの悲惨なドラマには

似合わないでしょう。 とにかく 疲れましたpig

最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ