着物

2008年12月18日 (木)

プラチナボーイ

 プラチナボーイってなんだと思いますか?

これ蚕の品種なんです。 文字通りオスのみが孵化して

純白のプラチナのように貴重で優秀な糸を吐くんだそうです。

危機的な状況にある国内産生糸を何とか守りたいと長年の研究の末に

開発された品種だそうです。 そもそも蚕のオスの吐く糸は産卵に余分な

蛋白質を使わない分 丈夫で長く光沢もあるのだそうですが、蚕の段階で

オスとメスを見分けてより分けるなどということはほとんど不可能なため

今までオスの蚕のみの糸というものは作れなかったんだそうです。

そこで遺伝子操作をしてオスしか孵化しない品種を作ることによって

初めてオスのみの繭というものが作れるようになったそうです。

しかも通常の場合、熱をかけて繭の中のさなぎを殺してから糸をひくのですが

プラチナボーイは中でさなぎが生きている状態で糸をひくのでさらに良い糸が

取れるのだそうです。 プラチナボーイで織られた織物は光沢も手触りも

丈夫さも兼ね備えてすばらしい絹織物になるそうです。 なぜこんなことを

するかというとやはり輸入の絹では絶対に真似できない付加価値をつける

ことでなんとか国産絹の競争力を上げようということなんでしょう。

ただしプラチナボーイで織られた反物、当然ですが高価です。

これからもう少し生産量が増えれば少しは値段もこなれてくるかもしれません。

でも到底庶民には手の届かない高級品ですね。

もう1つ 国産の絹をめぐる試みとして夕方のニュースで紹介されていたのは

蚕にオワンクラゲや珊瑚などの光る生物の遺伝子を組み込んで光る生糸を

作るというものです。 そうノーベル化学賞のあれです。 ブルーライトを当てると

怪しく オレンジ色や緑色に光るんです。 

う~ん絹糸を光らせてもね~

紅白歌合戦で小林幸子か美川憲一に使ってもらうくらいしか使い途

思い浮かばないんだけど。

それでなくても殺されてせっかくつくった繭をみぐるみはがされる運命なのに

こんどは遺伝子操作でメスは生まれることすらできなかったり、蛍光色に

光らせられたり、それが国産の絹を守ることにつながるのかな~think

  遺伝子操作で巨大化した蚕がモスラとなって東京を襲ってくるか、

  はたまた 赤や緑の蛍光色の斑点を光らせながら、ナウシカのオームの

  ように地響きを上げて、、、、

2008年7月23日 (水)

アンティーク着物

Img_0390

今日は着付け教室の先生とお仲間と一緒に来年の新年会のイベントの

に使うアンティーク着物を選んでコーディネイトしました。

Img_0381

祖母の訪問着です。 鮮やかな地色が着る人を美しくみせます。

袋帯ではなくてあえて鴛鴦の模様の染め帯をあわせました。

Img_0386

母の花嫁衣裳です。 戦後のまだ物のない時期ですから、もともと

家にあったものか、祖母が 苦労してととのえたものか、はこせこなどの

小物も残っています。

Img_0388_4

 

留袖です。 誰が着たものかわかりませんが、たいへん面白い柄です。

蓬莱山でしょうか、 この柄ちょっと中国的で私は大好きです。

Img_0382

かなりピンボケですいません。 祖母にとって初孫であった、姉が誕生

した時に買ったと聞いています。 鎌倉 芳太郎 作のたいへんめずらしい

紅型の子供の着物です。

以上4点をお貸しすることになりました。 それはよいのですが、新年会

当日、みんなの前で着付けも披露するのだそうで今から気が重いです。

最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ