手芸

2010年2月26日 (金)

レースセンター原宿

Img_1581

ふくさ屋日記のノブさんをお誘いして行ってきました原宿レースセンターです。 

レースセンターの一階は  BRITISH INDIAN CAFE  。  レースの前にカレー

です。

Img_1574

これはノブさんのオーダーした マサラ・ドサ と言う食べ物 豆の粉と米粉の

生地をかりっと焼いたクレープにスパイシーなポテトが入っています。

試食させてもらいました。 まわりのカリカリの生地がおいし~delicious

私は2種類のカレーとナンのセット。                           

Img_1575

お皿からはみだしているナンもカレーもベリーグッドgood

せまいお店ですが、インド式アフタヌーンティーもありますので今度はそれも

ためしてみたいです。

Img_1579

カフェの二階がレースの宝庫 レースセンターになっています。

質の高いレースがたくさん。 イギリス製のレースのカタログなどもあって

注文も可能です。 オンラインショップもありますよ。

この日はノブさんから うれしい オメデタの報告もあって、幸せな一日でしたsun

2009年12月25日 (金)

手芸屋カタログ

Img093

こんな本を待っていました。 手芸マニアにはありがたい手芸材料のマップ付き

ショップガイドです。  すでにこのブログでも紹介しました ラ・ドログリーや

スワニーなども載っています。 渋谷に行くたびにのぞいていたネックレス・ネックレス。

閉店してしまったと思っていたら、浜田山に移転していることがわかって

さっそく行ってみました。

Img_1493

井の頭線 浜田山駅の線路沿い、どうってことない商店街にあります。

でも中に入るとそこはパリです。行ったことないけど、、、

アンティークのビーズやデッドストックのボタン リボンにレース なんといっても

このお店にはアンティークのバッグの口金があるんです。

お店の方によるとアンティークのバッグの口金は十年ぶりに今年の夏に

たくさん入荷したんだそうで、その前までは品物がほとんど入ってこない状態

だったそうです。 それだけにお値段もmoneybagshock

Img_1494

ネックレス・ネックレスのお隣は 私の永遠のあこがれの宝飾店 ボン・マジック。

ボン・マジックは渋谷で半地下の小さなお店だったころから時々目の保養をさせて

もらっていたお店です。 今回はじめて知ったのですが、この二つのお店は姉妹店

なんだそうです。 ボン・マジックのオーナーでありデザイナーの白井多恵子さんは

今月14日に亡くなられたことをさきほどネットの検索で知りました。 

ほんとに美しいアクセサリーの数々を生み出された白井さん、こころより御冥福を

お祈り申し上げます。

2009年11月 3日 (火)

カナダ恵子先生

 カルトナージュの流行とともに注目を集めている手芸にパスマントリーという

ものがあります。 日本人にはあまり馴染みのないものですが、タッセルやフリンジ

ブレード、コードなどを作る手仕事です。

日本におけるこの分野の第一人者がカナダ恵子先生です。

私はごく初歩的なパスマントリーの技法を先生に教えていただいたのですが、

日本刺繍のお仲間のSさんはその昔先生からスタイル画を習っていたという

古くからのお知り合い。 そんな偶然もあってSさんからのお誘いでカナダ先生

のパスマントリー展に行ってきました。

Img_1337

ギャラリーが入っている 銀座一丁目にある奥野ビルはなんともレトロなビルで

エレベーターのドアがなんと手動です。 

はじめての人はそのことに気づくのにしばらく時間がかかります。

カナダ先生は小柄な方ですが、ほんとにエネルギッシュ。 作品のアイデアも

泉のようにわいてくるのではと思います。 先生のお教室で配られる作品の

説明書は見事なイラストと美しい手書きの文字で思わず見入ってしまう

すばらしさでした。

残念ながらこの展示はおわっていますが、来年の一月末に新しいパスマントリー

の本が出版の運びだそうです。 本当はこの展示に間に合うはずが、雄鶏社の

倒産で出版社変更のために遅れてしまったそうです。 

本が出版されましたらまた紹介させていただきます。

最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ